« 画像データ他も扱えるアウトラインプロセッサー NanaTree | トップページ | 小林繁氏亡くなる »

2010年1月17日 (日)

日没帯食

15日の部分日食は、自分の住んでいるところは食が始まった時間が既に日没後でしたので、見ることはできませんでした。今回の部分日食は日没帯食だったようです。

日没帯食は日食で欠けた太陽がそのまま沈んでいく現象です。逆に日の出に太陽が欠けた状態で昇る現象は日出帯食といいます。

日食と日の出や日没がちょうど合致するのはとてもめずらしいことです。同じ場所で皆既日食が見られるのは100年に1回ぐらいの確率だそうですが、日出帯食や日没帯食は100年に2回未満ぐらいでしょうか。

人気ブログランキングへ

|

« 画像データ他も扱えるアウトラインプロセッサー NanaTree | トップページ | 小林繁氏亡くなる »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/47317202

この記事へのトラックバック一覧です: 日没帯食:

« 画像データ他も扱えるアウトラインプロセッサー NanaTree | トップページ | 小林繁氏亡くなる »