« Google日本語入力を使ってみた | トップページ | ボーイング787 (B-787) がついに初飛行 »

2009年12月15日 (火)

Windows 7の「送る( Send to)」メニューにショートカットを追加する方法

ファイルやフォルダを選択し、右クリックでポップアップメニューを表示すると出てくる「送る」に任意のプログラムを追加する方法を説明します。

Image2

この機能はVISTAから設定が保存されている場所が変わりました。。

Windows XPでは

<C:\Documents and Settings\USER\SendTo>

でしたが、Windows VISTAおよびWindows 7では

<C:\Users\USERS\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo>

となりました。ここに追加したいプログラムのショートカットを作ると、「送る」にそのプログラムが表示されます(USERSは自分のログインアカウント名です)。

なお、上記のフォルダはWindowsの標準の設定では隠しフォルダになっています。上記のフォルダを表示させるには、エクスプローラの[ツール]メニューから[フォルダオプション]を開きます。[表示]タブを開いて、「ファイルとフォルダーの表示」の設定を、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にします。

Image3

ところで、この「送る」メニューに登録されたプログラムは名前順に並んでいます。ショートカットの名前の先頭に、【01】とか【02】とかをつけると、自分の好きな順番に並べることができます。

人気ブログランキングへ

|

« Google日本語入力を使ってみた | トップページ | ボーイング787 (B-787) がついに初飛行 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます、XPから7に移ったばかりなので、非常に助かりました。

投稿: hirosi | 2014年6月12日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/47027330

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7の「送る( Send to)」メニューにショートカットを追加する方法:

« Google日本語入力を使ってみた | トップページ | ボーイング787 (B-787) がついに初飛行 »