« JEFF BECK LIVE IN JAPAN 2010 | トップページ | Google日本語入力を使ってみた »

2009年12月13日 (日)

SF科学のお値段 (三才ムック VOL. 280) (単行本)

科学技術の発展により、昔はSFでしかなかったものが現実のものとして使われるようになってきました。この本は現在の最先端の科学技術でどのようなことが可能であるかを回折した一冊です。最先端技術を理解を助ける原理的な話もしっかり解説されています。

個人的には光学迷彩のところが面白かったです。

内容紹介
巨大ロボットが戦争をし、コンピューターが人間と同じように会話をする。さらには、はるか宇宙の彼方への冒険をも見させてくれる“SFアニメの世界”に、少しずつではあるが“現実の世界”が近付こうととしている。 ここまで来た、最先端の科学技術&研究! アニメで夢見た21世紀は、果たしてどこまで実現したか?

●取り上げる科学技術
クローン人間(「ルパンvs複製人間」より)/サイボーグ(「サイボーグ009」より)/テラフォーミング(「機動戦艦ナデシコ」より)/重力制御(「銀河鉄道999」より)/巨大ロボット兵器(「フルメタル・パニック!」より)/バーチャルリアリティ(「電脳コイル」より)/エネルギー兵器(「宇宙戦艦ヤマト」より)/光学迷彩(「攻殻機動隊」より)/ナノマシン(「PROJECT ARMS」より)/AI(人工知能)(「鉄腕アトム」より)/恒星間宇宙船(「ほしのこえ」より)/AR(拡張現実)(「東のエデン」より) 

単行本: 125ページ
出版社: 三才ブックス (2009/12/11)
ISBN-10: 4861992362
ISBN-13: 978-4861992360
発売日: 2009/12/11
商品の寸法: 25.6 x 18 x 1.8 cm

▼取り上げる科学技術

●クローン人間
「ルパンvs複製人間」より
●サイボーグ
「サイボーグ009」より
●テラフォーミング
「機動戦艦ナデシコ」より
●重力制御
「銀河鉄道999」より
●巨大ロボット兵器
「フルメタル・パニック!」より
●バーチャルリアリティ
「電脳コイル」より
●エネルギー兵器
「宇宙戦艦ヤマト」より
●光学迷彩
「攻殻機動隊」より
●ナノマシン
「PROJECT ARMS」より
●AI(人工知能)
「鉄腕アトム」より
●恒星間宇宙船
「ほしのこえ」より
●AR(拡張現実)
「東のエデン」より

人気ブログランキングへ

|

« JEFF BECK LIVE IN JAPAN 2010 | トップページ | Google日本語入力を使ってみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/47011953

この記事へのトラックバック一覧です: SF科学のお値段 (三才ムック VOL. 280) (単行本) :

« JEFF BECK LIVE IN JAPAN 2010 | トップページ | Google日本語入力を使ってみた »