« Googleが日本語IMEをリリース-Google日本語入力 | トップページ | 安藤美姫 2009グランプリファイナル SP1位 »

2009年12月 4日 (金)

学研の科学と学習が休刊

 学研の小学生向けの雑誌、「科学」と「学習」が休刊になるそうです。「科学」の創刊は1957年、「学習」の創刊は1946年だそうです。「科学」は52年、「学習」は63年の歴史を閉じることになりました。

 「科学」と「学習」は自分が子どもの頃は、学校で学研が販売していました。販売日に親にお金をもらって、学校の体育館やロビーなどで並んで買っていました。毎月の楽しみは、付録といくつかの記事でした。

 いつの頃か、学校で特定の雑誌を販売するのは良くないということになり、訪問販売方式に変わったと思います。必ずしも訪問販売が毎月来るわけでもなく、いの頃か買わなくなったように記憶しています。

 ここ数年は本屋さんで見かけると、付録にもよりますが「科学」は買っていました。理科の実験にいろいろ役に立つものもあるので、毎月何が付録になっているのか気にしていました。

 休刊の原因は少子化および価値観の多様化による売上の低迷とのことですが、非常に残念です。最盛期は670万部、現在は70万部弱の売り上げのようです。70万部というとかなり売れている部類に入るのですが、クオリティの高い付録をつけるのは困難なのでしょう。先日、小学館が「小学五年生」と「小学六年生」を同じ理由で休刊しています。

 売上部数の大きい雑誌は部数が下がると休刊にせざるをえないのでしょうね。70万部も売れているのに厳しい状況だと思います。

人気ブログランキングへ

|

« Googleが日本語IMEをリリース-Google日本語入力 | トップページ | 安藤美姫 2009グランプリファイナル SP1位 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46932503

この記事へのトラックバック一覧です: 学研の科学と学習が休刊:

» 亡国の予兆か?!学研の「学習」と「科学」が休刊してしまう [erabu]
昭和40年代、小学校生のほとんどが「学習」と「科学」を購入していました。学校の紹 [続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 23時38分

« Googleが日本語IMEをリリース-Google日本語入力 | トップページ | 安藤美姫 2009グランプリファイナル SP1位 »