« フリーのウィルス対策ソフト Avira AntiVir が日本語版リリース  | トップページ | 学研の科学と学習が休刊 »

2009年12月 3日 (木)

Googleが日本語IMEをリリース-Google日本語入力

日本語入力ソフトウェア(IME)というとWindowsに標準搭載されているMicrosoft IMEやジャストシステムから市販されているATOK、Macを含むUNIX系OSで使われているUIMなどが有名ですが、Googleが独自に開発したフリーの日本語入力ソフトウェア(IME:Input Method Editor)をリリースしました。

http://www.google.com/intl/ja/ime/

32bitのWindows 7、Vista SP1 以降、XP SP2 以降に対応しています。

GoogleはGoogle Chrome OSを開発しているので、IMEの開発も不可欠なはずです。ですから、GoogleからIMEがリリースされるのは想定範囲ではあったのですが、今回リリースされたIMEはGoogleの20%ルールで開発されたと聞いてちょっと驚きました。20%ルールとは「社員は勤務時間の20%は自分の好きことをやっても良い」というルールです。

つまり、Google IMEは、Googleの社員が本業の傍らで進めていた仕事でできたソフトウェアということです。もともとは、google検索をしたときに「もしかして・・・」という表示する機能を担当するメンバーが開発を始めたそうですが、過去に著名な日本語入力ソフトウェアの開発に関わった経験のあるメンバーも参加するようになったようで、自然言語処理や日本語変換のノウハウがかなり活かされたようです。

もしかするとGoogle日本語入力は無料にして最強のIMEとなるかもしれません。

現在ダウンロードを試みていますが、混んでいるためか、ダウンロードが始まりません。

|

« フリーのウィルス対策ソフト Avira AntiVir が日本語版リリース  | トップページ | 学研の科学と学習が休刊 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46925298

この記事へのトラックバック一覧です: Googleが日本語IMEをリリース-Google日本語入力:

« フリーのウィルス対策ソフト Avira AntiVir が日本語版リリース  | トップページ | 学研の科学と学習が休刊 »