« 禁煙 7ヶ月経過 | トップページ | ギャルリー成瀬17 »

2009年11月 2日 (月)

フィギュアスケート中国大会 鈴木明子選手が逆転V

ISU グランプリの中国大会が終わりました。SPで4位だった鈴木明子選手がフリーで117.14ポイントを獲得し、総合176.66ポイントで優勝しました。

鈴木明子選手は2003年頃に摂食障害(拒食症)となり、しばらくの間フィギュアスケートができない状態になっていました。2004年に復帰しましたが、しばらく厳しい成績が続き、2008年のNHK杯で初出場ながら第2位となりました。

今大会の総合176.66ポイントは今シリーズの成績では浅田真央選手(173.99ポイント)、安藤美姫選手(171.93ポイント)を上回る点数です。

もともと実力のある選手ですから、次戦のスケートカナダも楽しみです。グランプリファイナル出場、バンクーバーオリンピックの出場という可能性も十分にあります。

人気ブログランキングへ

|

« 禁煙 7ヶ月経過 | トップページ | ギャルリー成瀬17 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46649884

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート中国大会 鈴木明子選手が逆転V:

« 禁煙 7ヶ月経過 | トップページ | ギャルリー成瀬17 »