« ISU フィギュア グランプリ アメリカ大会  | トップページ | Googleもびっくり! 月で水か見つかる »

2009年11月14日 (土)

事業仕分け 科学技術開発にも

政府の行政刷新会議が行っている事業仕分けで、科学技術関連の予算の削減がかなり行われそうです。

科学技術だけ特別というわけにはいかないのでしょうが、資源に乏しい我が国はやはり科学技術で日本の未来を支えていかなければなりません。新しい技術の開発、新しい材料の開発、そしてそれらを支える人材の育成など、次世代のための投資を安易に削減するのは良くないと思います。

目先の損得勘定抜きに基本的な研究や人材育成に継続的に投資していかなければ日本の未来はないだろうと思います。もちろん、しっかりと投資するべきところと、そうでないところを見極めることは重要です。見極めをしっかり行って、投資するべきところに、きちんとお金を回すようにするべきです。

そういう視点にたって事業仕分けをしているのかどうかしっかりと見極めていく必要がありそうです。

今回の事業仕分けで削減したから終わりでは駄目だと思います。

人気ブログランキングへ

|

« ISU フィギュア グランプリ アメリカ大会  | トップページ | Googleもびっくり! 月で水か見つかる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

インターネット中継を見ていると、官僚の説明に対し、まるでつるし上げのようだ。ひとつの質問に、担当者がまじめに答えると話が終わらないうちに、途中で次の質問が発せられ、回答者が混乱する。それがねらいのようだ

投稿: 関西のおちゃん | 2009年11月15日 (日) 17時05分

企業でもよくコストダウンとかやりますが、これは文字通り経費の削減ですね。

開発も内容は精査されますが、企業の発展に必要なものはやめません。開発に投資して、会社を維持・成長させているわけです。

投稿: toshizo | 2009年11月14日 (土) 20時07分

このblogの表現もそうであるように科学技術関連の予算は投資(Investment)の場合が多く、他の事業の予算はほとんどが経費(Cost)ではないでしょうか。仕訳け人がその違いをはたして理解されているか、やりとり始終をTVで観る限り疑問でした。

投稿: へんりー | 2009年11月14日 (土) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46756659

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け 科学技術開発にも:

« ISU フィギュア グランプリ アメリカ大会  | トップページ | Googleもびっくり! 月で水か見つかる »