« FireFox /Chrome のアドオン Google + Wikipedia = GooglePedia | トップページ | フィギュアスケート ISU グランプリ始まる »

2009年10月16日 (金)

羽田空港と成田空港の一体化には高速鉄道が必要

前原国土交通相と森田千葉県知事が会談を行い、羽田空港と成田空港を一体的に運用していくという確認をしたようです。両空港とも立地面や運用面で制約があるので一体化で運用していくという考えは賛成です。

ただ一体化と言っても、羽田空港と成田空港は距離が離れすぎています。

国内各地から欧米に行く場合は、国内線で羽田空港(成田空港に行くことができる場合もありますが限られています)に飛び、そこから成田空港に行かなければなりません。これはかなり面倒で時間の無駄です。

羽田空港と成田空港は直線距離で約60キロメートルです。アクアライン経由で直線で結ぶと約80キロメートル。

直通で平均時速250キロメートルの鉄道があれば、アクアライン経由で20分で羽田空港と成田空港を結びます。これだと羽田空港に到着して、比較的短時間で成田空港に行くことができます。

そんな鉄道作る金はないということになりますが、それぐらいのことをしないと利用者にとって便利にならないだろうと思います。

人気ブログランキングへ

|

« FireFox /Chrome のアドオン Google + Wikipedia = GooglePedia | トップページ | フィギュアスケート ISU グランプリ始まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なるほど。
こんにちは、ほんとう中途半端な空港行政?ですね。
空港行政?に関わってきた人・元国土交通省に、ほんまに腹が立つわぁ(xx;
専門性が感じられません。
飛行機というものが分かっていないとしか思えないし、
国政を取り仕切ってきた(自民党政権)は、日本の地理が理解できていなかったとしか言いようないです。
(アクアラインがよく分かっていないのですが^^;)
こんなんで、よくまぁー空港行政?・国政を取り仕切ってきたなぁと自民党政権に呆れます。

投稿: | 2009年10月16日 (金) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46488667

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港と成田空港の一体化には高速鉄道が必要:

« FireFox /Chrome のアドオン Google + Wikipedia = GooglePedia | トップページ | フィギュアスケート ISU グランプリ始まる »