« ノーベル平和賞に米国のオバマ大統領 | トップページ | Google Docs フォルダ共有が可能に »

2009年10月13日 (火)

羽田空港が日本のハブ空港に

来年10月に羽田空港のD滑走路(第4滑走路)が完成しますが、前原国土交通相がこれを機会に羽田空港を24時間稼働のハブ空港とする考えを示しました。

羽田空港をハブ空港にするという構想は東京都も示していましたが、国土交通省が乗り出したことから実現しそうな感じになってきました。

成田空港が完成以降、国際線は成田空港、国内線は羽田空港という原則がありましたが、多くの利用者にとって、成田空港はアクセスが非常に悪いという問題があります。

アクセスが悪いために、成田空港にいくまでの交通費が余計にかかりまし、朝早く飛び立つ飛行機に乗るために前日宿泊が必要になることが多々あります。旅行のコストが上がるわけです。

都心に近い羽田空港がハブ空港になると利便性が非常に良くなります。

しかし、羽田空港をハブ空港とするうえで、いろいろ考えなければならない点はあります。

まず羽田空港を24時間稼働の空港とするためには騒音問題を解決しなければなりません。次に既存の成田空港をどのように活用するのかという問題です。羽田空港がハブ空港として運用可能になると、成田空港が利用率が大きく下がるのは必至です。

来年には成田新高速鉄道というのができます。成田新高速鉄道は都心~成田空港を時速130キロメートルで30分で結ぶので、都心からモノレールで羽田空港に行くのとそれほどかわらなくなります。

ただし、都心側の駅は京成上野駅です。東京駅ではありませんから、やはり不便です。この鉄道、羽田空港まで行かないと意味がないように思います。

上海の浦東空港では、空港と浦東の街の30キロメートルを時速430キロメートルで7分で結ぶリニアモーターカーが走っています。成田空港を便利にするためにはこのような鉄道が必要ではないかと思います。

人気ブログランキングへ

|

« ノーベル平和賞に米国のオバマ大統領 | トップページ | Google Docs フォルダ共有が可能に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
よく分からない、今まで担当してきた元国土交通省のやり方はどうも納得できない。
空港作りすぎ!! 素人が考えても変。
合理性を考えないで、じゃぶじゃぶ税金を無駄遣いすることしか考えなかったじゃないでしょうか。
天下り先の一環として、空港を作ってきたようなことを、朝日テレビの22時のニュースでやっていましたが・・。どうなんでしょうね。
国民不在で、元国土交通省・天下りする人ばかりがご自分の損得だけ考えた結果ではないでしょうか?
その方々は責任とって、国にお金を返却してほしいです。国賊ものだと思います。

投稿: マダム | 2009年10月13日 (火) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46465787

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港が日本のハブ空港に:

« ノーベル平和賞に米国のオバマ大統領 | トップページ | Google Docs フォルダ共有が可能に »