« Googleストリートに動物園などの構内が追加 | トップページ | ISU フィギュアGP ロシア大会 »

2009年10月21日 (水)

貧困率って何だそれ

長妻厚生労働相が国民の貧困率の割合を示す「相対貧困率」を発表しました。2006年の相対貧困率は15.7%だったとのこと。

相対貧困率というのは、国民の年収の中央値(注)の半分に満たない国民の割合のことです。

  • (注)平均値だと一部の金持ちが平均値を釣り上げる可能性があるので、中央値を使っています。

ニュースでは先進諸国の中で日本の貧困が云々と出ていますが、平均貧困率は国内の数字を使って求めたものですから、これをもって他国の国民と比べて日本の国民が貧困かどうかは言えないと思います。

他国と比べて貧困かどうかではなくて、同じ国で見たときの国民の経済格差(貧富の差)がどれぐらいになっているかというのを表しているのだと思います。

ですから、この数字が大きい国はそれだけ国民の経済格差(貧富の差)が大きいということになります。

厚生労働省が今回発表した資料は書きにあります。全体版(PDF)を参照

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/10/h1020-3.html

しかし、これまでこの数字を公表してこなかった政権というのは何だったのでしょう。

人気ブログランキングへ

|

« Googleストリートに動物園などの構内が追加 | トップページ | ISU フィギュアGP ロシア大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうですね。

中央値なので平均値よりは良いかと思いますが、ビルゲイツがいると確かに数値が変わりますね。

投稿: toshizo | 2009年10月21日 (水) 17時16分

( ‥)ン?
正しくは「国民の税金など除いた可処分所得の中央値(注)の半分」ですね。
それでも、ビルゲイツがたった一人日本に住んでるだけで、相対貧困率はグ~ンと上がっちゃう気がするけど...

投稿: へんりー | 2009年10月21日 (水) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46541369

この記事へのトラックバック一覧です: 貧困率って何だそれ:

« Googleストリートに動物園などの構内が追加 | トップページ | ISU フィギュアGP ロシア大会 »