« 「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫) (文庫) | トップページ | 「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫) (文庫) »

2009年9月 7日 (月)

Chrome Plusを使ってみた

ChromePlusはGoogle Chromeの母体であるChromiumから作られたフリーのブラウザです。

Chromeplus

下記のサイトからダウンロードすることが可能です。
http://www.chromeplus.org/

ChromePlusのユーザーインターフェイスはGoogle Chromeとほとんど同じですが、Google Chromeにはない便利な機能が追加されています。

①任意のフォルダにインストールできる

Google Chromeでは自動的に<Document and Settings\user>の下にプログラムがインストールされてしまいますが、ChromePlusはセットアッププログラムでインストールするフォルダを設定することが可能です。キャッシュはこのフォルダの下に作られる<ChromePlusUserData>というフォルダに保存されます。このブログのGoogle Chrome ( グーグルクロム)でキャッシュの保存先を変える方法という記事で説明した方法で任意の場所に移動することができます。

②IE Tabを開くことができる

Google Chromeは、IEにしか対応していないサイトを利用することができませんが、ChromePlusではIE Tabを開くことができます。この機能によってIEのみしか対応していないサイトも利用することができます。

IEタブを開くには下の図のように既存のタブの上で右クリックをするか、ショートカットキーCNTL+I を使います。もちろん、アドレスバーの右横のスパナのアイコンの設定メニューからも呼び出すことができます。

Ietab1

③表示されている任意のテキストを選んでドラッグするだけでリンク先や検索結果が表示される

画面に表示されている任意のテキストをマウスで選びハイライト表示にして、マウスをドラッグすると、その文字列の検索結果を表示したタブが自動的に作られます。リンクをドラッグすると、リンク先のページを表示したタブが自動的に作られます。この操作は閲覧しているサイトを表示したままでできるので、サイトを読みながらバックグラウンドで気になるリンク先を呼び出したり、気になるキーワードの検索結果を呼び出しておくことができます。

④マウスジェスチャー機能

マウスを右クリックしながらChromePlusのウィンドウ内で操作すると、7つの動作を簡単に行うことができます。7つのジェスチャーのうち便利そうなのは画面のスクロール、前の画面へ、次の画面へ、ぐらいでしょうか。

マウスジェスチャーを行うと、マウスの操作がわかりやすいように画面上に青い奇跡が表示されます。

Mousegesture

Google Chromeより便利なので、しばらくChrome Plusを使ってみようと思います。

人気ブログランキングへ

|

« 「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫) (文庫) | トップページ | 「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫) (文庫) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/46142521

この記事へのトラックバック一覧です: Chrome Plusを使ってみた:

» Google Chrome Frame を使ってみた [夜明け前]
GoogleがMicrosoft Internet ExplorerをGoogl [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 02時22分

« 「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫) (文庫) | トップページ | 「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫) (文庫) »