« Xmarksに続いて、GoogleがChrome 4.0 でブックマーク同期機能追加と発表 | トップページ | 絶滅危惧種動物ブログパーツ »

2009年8月21日 (金)

色彩―色材の文化史

色彩―色材の文化史 (「知の再発見」双書)

フランソワ ドラマール (著), ベルナール ギノー (著), Francois Delamare (原著), Bernard Guineau (原著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳), 柏木 博

絵画に色をつけたり、物体に色を塗ったりすることは昔から行われてきました。現実の色に近いカラー写真や印刷のための色材、布を鮮やかにそめるための色材、食品を美味しくみせるための色材・・・現代においては目的に応じて様々な顔料と染料があります。

古くはラスコーの洞窟の壁画から現在のありとあらゆる色材まで、色材の開発の歴史と発展を解説した本です。

単行本: 174ページ
出版社: 創元社 (2007/02)
ISBN-10: 4422211927
ISBN-13: 978-4422211923
発売日: 2007/02
商品の寸法: 18 x 12.6 x 1.8 cm

目次

第1章 絵具と染料
第2章 中世の色彩
第3章 需要と供給の爆発的増加
第4章 化学工業の勝利

資料編

古来より伝わる色材調製法
色名の変遷
染物と染料
オーカーの採石場
ものに色があるのはなぜ?
理想の黒

人気ブログランキングへ

|

« Xmarksに続いて、GoogleがChrome 4.0 でブックマーク同期機能追加と発表 | トップページ | 絶滅危惧種動物ブログパーツ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この本は面白いですよ

投稿: toshizo | 2009年8月24日 (月) 02時13分

こんにちは。
このご本も面白そうですね(^^)

投稿: マダム | 2009年8月22日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/45976697

この記事へのトラックバック一覧です: 色彩―色材の文化史:

« Xmarksに続いて、GoogleがChrome 4.0 でブックマーク同期機能追加と発表 | トップページ | 絶滅危惧種動物ブログパーツ »