« 電子タバコで禁煙できるのか | トップページ | ロゼッタストーン »

2009年7月 4日 (土)

水面にきれいに景色が映るときと、映らないときがあるのはどうして?

 鏡のように、物がきれいに映るものは、光を規則正しく反射しています。これを正反射といいます。鏡の表面では次の図の左のように、光が規則正しく反射し、きれいにものが映ります。ところが、表面が凸凹しているものは、右のように光が表面に当たったときに、入射する光ごとに反射する方向がバラバラになります。これを光の乱反射といいます。

Fi1364043_0e

 お風呂の中で、鏡がくもると物がきれいに映らなくなるのは、鏡の表面に水滴がたくさ
んついて光の乱反射が起こるからです。

 水たまりや湖などの水面に景色がきれいに映っているときは、水面が静かで波がほとんどなく、光は水面で正反射しています。ところが、風が吹くなどして水面が波だつと、水面が波で凸凹になり、景色がゆがんで映ります。波が荒くなると、光の乱反射が起き、景色がほとんど映らなくなります。

 下の写真は、博多の中州に行ったときに撮影した写真です。風が少し吹いていたため、水面が波立っていました。そのため、水面に映るネオンもゆがんでいます。

Fi1364043_1e

人気ブログランキングへ

|

« 電子タバコで禁煙できるのか | トップページ | ロゼッタストーン »

光の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/45523127

この記事へのトラックバック一覧です: 水面にきれいに景色が映るときと、映らないときがあるのはどうして?:

« 電子タバコで禁煙できるのか | トップページ | ロゼッタストーン »