« 冷やし納豆 | トップページ | 空と水の夕焼け »

2009年7月11日 (土)

Google Chrome OSはどうなるか

Google Chrome OSはWeb2.0の特長を最大限に活かし、ネットワークそのものをプラットフォームとしたOSとなるのではないかと思います。

Google Chromeには「アプリケーションのショートカットを作成」という機能があります。

この機能を使って、Google GmailやGoogle Docsのショートカットを作ると、Google Chromeのブラウザのメニューなどがなくなり、GmailやDocsがあたかもひとつのアプリケーションのように作動します。データはすべてGoogleのサーバ上にあり、ネットワークを介して、そのデータ処理を行うというイメージです。

こうしたWebアプリケーションの場合、ちょっと心配になるのは自分のデータが手元にないということです。ネットワークを切断したとたんに、データ処理ができなくなります。

そこでGoogleはGoogle Gearというオフラインでも作業ができる技術を開発しています。オンラインになったときにローカルにあるデータとネットワーク先のデータの同期をかけることができればたいへん便利です。

データがローカルにあるのか、ネットワーク先にあるのかを意識することなくシームレスに使えるようになれば非常に便利です。

この場合、ちょっと心配なのはデータが全てGoogleに保管されていることでしょう。セキュリティの問題で、抵抗がある人も多いでしょう。

こうしたことを考えてみると、Google Chrome OSはまずは個人ユーザのモバイルパソコンのOSとして主流になっていくのではないかと思います。

Webアプリケーションでありながら、データの保存はローカルのハードディスクだけというようなことが実現できると思いますが、そのようなことが簡単にできればユーザー層の幅が広がりそうです。

いずれにしてもGoogle Chrome OSはとても楽しみです。動作が軽ければ一世代前のノートパソコンを活用できるだろうと思います。

人気ブログランキングへ

http://googlejapan.blogspot.com/2009/07/google-chrome-os.html

|

« 冷やし納豆 | トップページ | 空と水の夕焼け »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/45591777

この記事へのトラックバック一覧です: Google Chrome OSはどうなるか:

« 冷やし納豆 | トップページ | 空と水の夕焼け »