« 日経平均株価一万円台回復 | トップページ | カギバアオシャク »

2009年6月14日 (日)

三沢光晴選手が死亡

プロレス団体ノアの代表取締役であり、選手でもある三沢光晴選手が広島で行われた試合で倒れ死亡したそうです。

三沢選手は試合中に相手選手のバックドロップを受けて頭を強打したようです。レフェリーが動けるか聞いたところ、本人の「動けない」という返事で、試合はレフェリーストップとなったようです。そのまま、心肺停止となり、病院に搬送されましたが、死亡が確認されたそうです。

三沢光晴選手は北海道夕張市出身の道産子プロレスラーです。1981年に全日本プロレスに入門しました。三沢光晴選手は期待の新人と言われていましたが、世間一般で有名になったのは1984年7月に二代目タイガーマスクとして試合を行うようになってからです。

日本を代表する現役プロレスラーが、あれほどまでに肉体を鍛え上げていたプロレスラーがあっけなく亡くなってしまいました。非常に残念です。

ご冥福をお祈りします。

人気ブログランキングへ

|

« 日経平均株価一万円台回復 | トップページ | カギバアオシャク »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/45332605

この記事へのトラックバック一覧です: 三沢光晴選手が死亡:

« 日経平均株価一万円台回復 | トップページ | カギバアオシャク »