« エールフランスの行方不明(墜落)は落雷が原因? | トップページ | Windows 7 2009年10月22日に発売開始 »

2009年6月 3日 (水)

エールフランス447便の墜落が確認される

エールフランス447便(エアバスA330型機、乗客乗員228人)の墜落が確認されたようです。

墜落の原因は未だ不明ですが、報道では「乱気流」「落雷」といった、航空機がよく遭遇する自然現象が墜落の原因のような書かれ方をしています。

乱気流や落雷による航空機の墜落の可能性はゼロではありませんが、航空機に施されている安全対策を考えると、それらが直接の原因で墜落したとは考えにくいなぁと思います。

乱気流によって激しい揺れがありますが、その揺れで乗員や乗客が怪我をすることはよくありますが、航空機の機体そのものはかなり激しい振動に対して耐えられるようになっているはずです。また、落雷にあわせて「電気系の故障」という話も出ていましたが、落雷で電気系が故障するとも思えません。

原因不明のところであれこれ言うのもの何ですが、整備不良などがあり、そこに乱気流、落雷の影響を受けて墜落したという可能性もあるような気もします。

もし、乱気流、雷だけが直接の原因で墜落したとなると、これは航空機の安全にとって大変なことです。本当のところがどだったのかを、しっかりと解明してもらいたいです。

人気ブログランキングへ

|

« エールフランスの行方不明(墜落)は落雷が原因? | トップページ | Windows 7 2009年10月22日に発売開始 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/45220189

この記事へのトラックバック一覧です: エールフランス447便の墜落が確認される:

« エールフランスの行方不明(墜落)は落雷が原因? | トップページ | Windows 7 2009年10月22日に発売開始 »