« AIR DO 083便 函館行き(B767-300 JA01HD) | トップページ | 草なぎ君どうしたんだろう »

2009年4月23日 (木)

Wikipediaに対抗 辞書出版社が無料の辞書サイトkotobankを開設

朝日新聞社・講談社・小学館・朝日新聞出版・ECナビの5社が辞書サイト Kotobankを23日に開設するようです。言葉+バンクでkotobank(コトバンク)、時事用語も解説されるとのことですので「事バンク」とも言えそうです。

url:http://kotobank.jp/

オンライン辞書というとWikipediaが有名です。Wikipediaの影響もあって、先日マイクロソフトがMSNエンカルタを終了すると発表したばかりです。

確かにWikipediaはWeb2.0の生み出した秀悦なサイトです。Wikipediaでは誰もが記事を編集することができます。また、編集された記事は多くの人にチェックされ、問題があれば修正されます。このことが項目の増加を促進し、同時に記事の正確性と信頼性をある程度守っていると言えるでしょう。

しかし、記載事項の正確性や信頼性については、問題がある場合も少なくありません。Wikipediaを参照するとこには、読む側が情報が正しいかどうかを判断しなければならない状態です。

そうい意味で、しっかりと編集された辞書は信頼できます。MSNエンカルタが終了することは非常に残念に思っていました。

kotobankでは5社がもっている44の辞書から43万語を検索できるということです。 本日時点で使ってみた感じでは、残念ながら解説が不十分。

レンズで検索した結果はこんな感じです。

http://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

この解説ではちょっと辞書とは言い難いかな・・・

人気ブログランキングへ

|

« AIR DO 083便 函館行き(B767-300 JA01HD) | トップページ | 草なぎ君どうしたんだろう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/44753419

この記事へのトラックバック一覧です: Wikipediaに対抗 辞書出版社が無料の辞書サイトkotobankを開設:

« AIR DO 083便 函館行き(B767-300 JA01HD) | トップページ | 草なぎ君どうしたんだろう »