« 4日のミサイル発射は回避? | トップページ | サクラ »

2009年4月 5日 (日)

北朝鮮ミサイル発射 日本上空を通過

5日午前11時30分ころ、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射しました。

ロケットの第1ブースターは、午前11時37分に秋田県西約280 kmの日本海に落下、本体はそのまま秋田県と岩手県のはるか上空を飛び越えていきました。日本政府はミサイルの追尾を午前11時48分ミサイルが日本の東約2,100 kmに到達したところで中止しました。日本の領土内に落ちる可能性はないということで迎撃は行われませんでした。

北朝鮮は今回のミサイル発射を「人工衛星の打ち上げ」として国際法に則って事前に公表しています。実際に発射されたミサイルの軌道も、弾道ミサイルの軌道ではなく、人工衛星を打ち上げるためのロケットの軌道だったようです。つまり、表向きは人工衛星ということを貫いています。

中国やロシアは、これはあくまでも人工衛星ロケットであるとして、安保理決議の違反とは認められないという立場を取るでしょう。当然のことながら、六ヶ国協議への影響もありそうです。

人気ブログランキングへ

|

« 4日のミサイル発射は回避? | トップページ | サクラ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/44575555

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮ミサイル発射 日本上空を通過:

« 4日のミサイル発射は回避? | トップページ | サクラ »