« 著作権法が改正 | トップページ | あの曲とこの曲が似ている① »

2009年3月13日 (金)

Process Lasso プロセスのCPU占有率を自動的に変更できる

パソコンを使っていると急に重くなることがあります。そんなときはタスクマネージャを開いてプロセスのCPU占有率を見たりします。何か問題が生じているのであれば、問題を解決すれば良いのですが、普通に使っていても重くなることがよくあります。

特にソフトウェアの更新のプロセスなどは裏でひっそり動いてくれれば良いのですが、CPUをものすごく使うものもあります。自分の環境でちょっとうっとうしいのが、KingsoftのウィルスセキュリティUのkpfw32.exeというプロセスです。おとなしくしてくれ!ということで、タスクマネージャのCPU優先率を標準以下に下げたりしています。

で、こういうのを自動でやってくれるのがあれば良いなと思って探してみたところ、Process Lasso というソフトウェアがありました。窓の杜に詳しい説明があります。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/01/21/processlasso.html

ダウンロードは下記からできます。

http://www.bitsum.com/

使ってみての感想ですが、なかなか良いです。

Process Lasso は指定したソフトウェアが起動したときに強制終了してくれます。ファイル名の指定にはワイルドカードを指定することができます。msconfigで自動起動を停止していたソフトウェアがいつのまにかまた動いているということがありますが、そのような期待しないソフトウェアが起動することを未然に防いでくれます。

人気ブログランキングへ

|

« 著作権法が改正 | トップページ | あの曲とこの曲が似ている① »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/44329178

この記事へのトラックバック一覧です: Process Lasso プロセスのCPU占有率を自動的に変更できる:

« 著作権法が改正 | トップページ | あの曲とこの曲が似ている① »