« あの曲とこの曲が似ている② | トップページ | ライオンの裏の耳にも模様 »

2009年3月16日 (月)

トラの耳の裏の模様 虎耳状斑(こじじょうはん)

久しぶりにRikaTanの関係で多摩動物公園に行ってきました。

今回は動物学者の今泉忠明さんに動物の色々な説明をしてもらいました。普段だと蓑がしてしまうような話をたくさん教えてもらうことができました。

ということで、まずはトラの顔です。

Tiger1

トラの耳の裏はどんな模様でしょうか。そりゃ同じ模様でしょう・・・と思ったら、黒に白なのだそうです。

Tiger3

どのトラもこんな感じだそうです。そして、ライオンも似たような感じになっているそうです。

これは虎耳状斑(こじじょうはん)と言って、野生のネコ科の動物は耳の後ろの模様がこんな感じになっているそうです。威嚇モードになると、正面を向いたままで、耳を回転させて、この虎耳斑を見せるようです。

Tiger2

Googkeで検索してみたら、目のように見える、目立つようにする、という説明もありました。

人気ブログランキングへ

|

« あの曲とこの曲が似ている② | トップページ | ライオンの裏の耳にも模様 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/44373402

この記事へのトラックバック一覧です: トラの耳の裏の模様 虎耳状斑(こじじょうはん):

» 虎耳状班 [Wisdom96 Blog --- Science Circle in Hokkaido]
野生のネコ科動物はアジアやアフリカにたくさんいます。 日本でもイリオモテヤマネコなどは野生のネコ。 野生のネコなのかどうなのかを見分けるには、耳がポイントなのだそうです。 虎耳状班というのがあります。 白い班紋が見えるのです。 イエネコやそれが野生化したノネコにはこれがないのです。 では、順番に見ていくことにしましょう。 まずは本家のトラ。 たしかに縞々ではなく、白い斑状のものが見えます。 次がユキヒョウ。 たしかにこれにもありますね。 雪原... [続きを読む]

受信: 2009年3月19日 (木) 15時09分

« あの曲とこの曲が似ている② | トップページ | ライオンの裏の耳にも模様 »