« 企業の人事採用に鈍りが出ています | トップページ | カワセミの川が・・・ »

2008年12月 1日 (月)

色彩工学 光と色の関係の知識を深められる本

色彩工学

大田 登 (著) 東京電機大学出版局 4,725円(税込)

色彩関係の本というと、光や色の解説の後に色彩心理学的な話が盛り込まれた本が多いのですが、この本は光や色についてかなり詳細に解説しています。CIEの規格を勉強するのにもうってつけの一冊だと思います。光の3原色がどのように色と関係しているのかなど学ぶことができます。

少し難しい数式も出てきますが、図も豊富だし解説もしっかりしているので、数式は見るのも嫌という人でなければ問題なく読めると思います。

少し価格が高いのですが、光と色の関係について知識を深めたい人には是非読んで欲しいお勧めの一冊です。

目次

第1章 光と視覚
第2章 色覚と表色系
第3章 CIE表色系の成立
第4章 均等な表色系
第5章 則色値の測定と計算
第6章 CIE表色系の発展
第7章 CIE表色系の応用

単行本: 310ページ
出版社: 東京電機大学出版局; 第2版版 (2001/09)
ISBN-10: 4501618906
ISBN-13: 978-4501618902
発売日: 2001/09
商品の寸法: 21.2 x 15 x 2.2 cm

人気ブログランキングへ

|

« 企業の人事採用に鈍りが出ています | トップページ | カワセミの川が・・・ »

光の話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/43278695

この記事へのトラックバック一覧です: 色彩工学 光と色の関係の知識を深められる本:

« 企業の人事採用に鈍りが出ています | トップページ | カワセミの川が・・・ »