« NYダウにオバマ効果は出ず | トップページ | フィギュアGP中国杯 安藤美姫選手の公開練習は好調 »

2008年11月 6日 (木)

Whitesnake Come An' Get It ( ホワイトスネイク カム・アンド・ゲット・イット )

今日聞いていたアルバムはホワイトスネークの1981年のアルバム「カム・アンド・ゲット・イット」です。

ホワイトスネークはディープ・パープルの第3期、第4期メンバーのボーカルだったデヴィッド・カヴァーディルが1977年に結成したバンドです。

ディープ・パープルはハードロック指向のバンドでしたが、デヴィッド・カヴァーディルはブルースやソウルの音を曲に取りいれようとしていました。これに嫌気をさしたディープ・パープルのギタリスト、リッチー・ブラックモアはディープ・パープルを脱退してレインボーを結成します。

ブラックモアが脱退した後のディープ・パープルは音楽がガラッと変わりファンから多くの批判を受けました。それでも活動を続けていたのですが、ブラック・モアの後任のトミー・ボーリンが麻薬でギターが十分に弾けなくなるなどして、ファンやマスコミからの批判を浴びることになりました。

1976年、ついにデヴィッド・カヴァーディルはディープ・パープルから脱退を決意、ディープ・パープルはそれからわずか数カ月で空中分解しました。デヴィッド・カヴァーディルはソロ活動を経て1977年にホワイトスネイクを結成しました。

このアルバムは1981年に発売されたものです。3曲目に収録されているドント・ブレーク・マイ・ハート・アゲインは全英1位の大ヒットを記録しました。個人的には5曲目のワイン、ウィメン・アンド・ソングもブルース&ロックンロールでなかなかお気に入りです。

ホワイトスネークにはディープ・パープルの元メンバーが3人もいたため、ディープ・パープルの再結成という雰囲気もあったのですが、演奏する曲はディープ・パープルのハード・ロックとは全く異なり、ブルースやソウルの音を取りいれた彼ら独特のハード・ロックとなりました。それがホワイトスネークのブランドとなりました。

2007年7月にボーナス6曲入りのCDが発売されています。

1. カム・アンド・ゲット・イット
2. ホット・スタッフ
3. ドント・ブレイク・マイ・ハート・アゲイン
4. ロンリー・デイズ、ロンリー・ナイツ
5. ワイン、ウィメン・アンド・ソング
6. チャイルド・オブ・バビロン
7. ウッド・アイ・ライ・トゥ・ユー
8. ガール
9. ヒット・アンド・ラン
10. ティル・ザ・デイ・アイ・ダイ
11. チャイルド・オブ・バビロン(オルタネイト・ラフ・ミックス)(Bonus Tracks)
12. ガール(オルタネイト・ヴァージョン/ラフ・ミックス)(Bonus Tracks)
13. カム・アンド・ゲット・イット(ラフ・ミックス)(Bonus Tracks)
14. ロンリー・デイズ、ロンリー・ナイツ(オルタネイト・ヴァージョン/ラフ・ミックス)(Bonus Tracks)
15. ティル・ザ・デイ・アイ・ダイ(ラフ・ミックス)(Bonus Tracks)
16. ヒット・アンド・ラン(バッキング・トラック)(Bonus Tracks)

人気ブログランキングへ

|

« NYダウにオバマ効果は出ず | トップページ | フィギュアGP中国杯 安藤美姫選手の公開練習は好調 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/43025885

この記事へのトラックバック一覧です: Whitesnake Come An' Get It ( ホワイトスネイク カム・アンド・ゲット・イット ):

« NYダウにオバマ効果は出ず | トップページ | フィギュアGP中国杯 安藤美姫選手の公開練習は好調 »