« 日経平均株価続伸 | トップページ | 原油価格は急落 »

2008年11月 4日 (火)

東証など時価総額による上場廃止基準を一時停止

株価が大幅に値下げしたことで、東証などの証券取引所が株式時価総額による上場廃止基準を一時停止することに決めたようです。

株式時価総額というのは、現在の株価×発行株式数で求められる数字です。

東証1部上場企業の場合、この数字が月末か月の平均で20億円を割り込むと2部に降格となります。10億円を割り込むと2部上場も廃止になります。9カ月間の猶予期間がありますので、直ちに上場廃止とはなりませんが、株価が大幅に低迷しているのでこの廃止基準を一時的に停止するという判断となったようです。

一時停止は年内いっぱいまでで、平均株価の状況によっては延長もあり得るということです。

人気ブログランキングへ

|

« 日経平均株価続伸 | トップページ | 原油価格は急落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/43009132

この記事へのトラックバック一覧です: 東証など時価総額による上場廃止基準を一時停止:

« 日経平均株価続伸 | トップページ | 原油価格は急落 »