« ISUフィギュアスケート ロシア大会 村主章枝選手が有利 | トップページ | 日経平均株価再び7千円台に »

2008年11月20日 (木)

元厚生事務次官らの連続殺人事件

痛ましい事件が起きてしまいました。亡くなられた方のご冥福を深くお祈りします。

この事件の報道で「テロ」という言葉が新聞やニュースで頻繁に見られます。政府関係者の口からも「テロ」という言葉が出てきています。

事件そのものは許し難いものですが、この事件に対して政府やマスコミがこうあっさりと「テロ」という言葉を使ってしまって良いのでしょうか。現時点では「元厚生事務次官を狙った連続殺人事件」としか言いようがないように思います。怨恨の連続殺人事件はテロとなってしまいます。それともテロと断定できるような特段の情報を持っているのでしょうか。

ところで、年金生活より生活保護を受けた方が良いという話もありました。病院にも行けずに満足な治療を受けられないという話もよく聞きます。殺人事件は許し難いことですが、この事件、背景を聞いたら何だかとても悲しくなる顛末となるような感じもしています。これも、思い込みなので良くない想像なのですが、いろいろな可能性を考えるとテロとは断定できないのではないかと思います。

もちろんテロであるかどうか関わらず特定の条件の人たちの命が狙われて奪われたわけですから、警護はしっかりしてもらわないといけません。対象が民間人だった場合、どこまで警護してくれるのだろうと思いましたが・・・

人気ブログランキングへ

|

« ISUフィギュアスケート ロシア大会 村主章枝選手が有利 | トップページ | 日経平均株価再び7千円台に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/43169005

この記事へのトラックバック一覧です: 元厚生事務次官らの連続殺人事件:

« ISUフィギュアスケート ロシア大会 村主章枝選手が有利 | トップページ | 日経平均株価再び7千円台に »