« 浅田真央選手 フランス大会で総合2位 | トップページ | 乱高下の日経平均株価 »

2008年11月17日 (月)

第33回エリザベス女王杯 ポルトフィーノの実力

第33回エリザベス女王杯で鞍上武豊をスタート直後に振り落としたポルトフィーノ。

武豊を振り落とした後、内ラチをスルスルと駆けぬけて逃げの体制に入りました。そして、最終コーナーを回った直線で大外から強襲。エリザベス女王杯を競走中の馬を一気にごぼう抜きしゴール板を駆けぬけました。

2008年 エリザベス女王杯 リトルアマポーラ

感心したのは空馬で良く最後まで走ったということです。空馬ですから、馬は自分の好きなとおりに走ります。コース取りやペースなどまったく関係なく、走りたいように走るわけです。

馬は基本的に群れて走るのが好きな動物ですから、本能的にみんなが走っているなら私も走るということになります。さらに今までのレース経験や調教の経験がありますから、とにかく基本的に走るわけです。ただ、途中で止まってしまったり、走っていいても一番後ろをチンタラついてくるという感じの馬も少なくありません。負けず嫌いなリーダーシップを取りたい馬は前の方に行くような気がします。

だからこういう結果になったからといって、ポルトフィーノが賢いということにはならないのでしょうが、ポルトフィーノがどういうコースを走っていたかを見てみると、鞍上なしの斤量0にしても、こんな好き勝手な走り方でよく最後に追い込んで差しきったなと思うわけです。

その様子は次のパトロールビデオを見るとだいたいわかります。

第33回エリザベス女王杯レーティング&パトロールビデオ

最初のコーナーを抜けるあたりからポルトフィーノは外側の方を走っています。抑える騎手がいませんから、遠心力で外側にいってしまうのです。

そして向う正面に入ってしばらくすると内ラチへ戻ってきています。

そして、また、やはり最終コーナーの出口で大きく外側に外れていきますが、直線に入ってまた大外から内ラチの方へやってきます。

これがすごい足を使っています。そして、前を走っていた馬をまとめて差しきります。

ゴール前でアナウンサーが「リトルアマポーラが一馬身半のリード!」 と叫んでいましたが、ポルトフィーノはリトルアマポーラのさらに一馬身半ぐらい差をつけています。

コースやペースを考えると、かなり非効率的な走り方をしています。それでも、追い込みでいっきに差しきるわけですから、ポルトフィーノの実力は侮れません。

空馬だから斤量0なのでそれぐらい当たり前という考えもありますが、普通はこうはなりません。鞍上が武豊であればもっとスムーズなレースをしたでしょうから、落馬がなければもしかすると優勝していたかもしれません。

ポルトフィーノは非運な馬です。桜花賞は枠順確定後にハ行で出走取り消し、オークスはレースの11日前に骨折が見つかり出走回避、秋華賞は獲得賞金不足で除外、そしてエリザベス女王杯ではつまづいて鞍上を振り落として落馬失格。

こうした非運続きですが、今回はG1に出走できたし落馬しましたが幻の1着になりました。次こそは・・・

人気ブログランキングへ

|

« 浅田真央選手 フランス大会で総合2位 | トップページ | 乱高下の日経平均株価 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/43139507

この記事へのトラックバック一覧です: 第33回エリザベス女王杯 ポルトフィーノの実力:

» 【競馬】ポルトフィーノが落馬、出遅れ、大逃げ、大外ぶん回し、ゴール前きっちり『武豊騎手また落馬』 [したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記]
【ニコニコ動画】競馬 GIエリザ女 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:【競馬】天皇賞・秋(東京・G1) 最強牝馬対決はウオッカ(武豊)が鼻差差し切りレコード勝ち!ダイワスカーレット惜しい2着 - livedoor Blog(ブログ) 武豊がポルトフィーノから落馬の瞬...... [続きを読む]

受信: 2008年11月17日 (月) 16時08分

« 浅田真央選手 フランス大会で総合2位 | トップページ | 乱高下の日経平均株価 »