« 食料生産は高くても国産が9割 | トップページ | 第33回エリザベス女王杯 ポルトフィーノの実力 »

2008年11月16日 (日)

浅田真央選手 フランス大会で総合2位

ISUフィギュアグランプリシリーズのフランス大会が終了しました。

SPで2位となった浅田真央選手はフリーで逆転ならず総合2位となりました。フリー演技ではジャンプのタイミングがあわず、転倒や回転の失敗などが目立ちました。やはりジャンプに課題が残っていました。

優勝はカナダ大会で優勝したJoannie ROCHETTE選手、2連覇となりました。

総合ポイントはJoannie ROCHETTE選手が180・73ポイント、浅田真央選手が167・5ポイントでした。

浅田真央選手の今回のポイントは安藤美姫選手のアメリカ(172.53)、中国大会(170.88)のポイントを下回っています。

ポイントランキングは下記のページにあります。
http://www.isufs.org/events/gp2008/gpsladies.htm

キム・ヨナ選手とJoannie ROCHETTE選手は出場決定。現在、安藤美姫選手はランキング3位。
4位のCaroline ZHANG選手は18ポイントなのでファイナル出場は無理ですから、浅田真央選手、中野選手、村主選手が上位に来ても6位になり、ファイナル出場が可能となります。あとLaura LEPISTO選手とAlissa CZISNY選手がどうなるかでまた変わってくると思います。

人気ブログランキングへ


|

« 食料生産は高くても国産が9割 | トップページ | 第33回エリザベス女王杯 ポルトフィーノの実力 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/43132229

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央選手 フランス大会で総合2位:

« 食料生産は高くても国産が9割 | トップページ | 第33回エリザベス女王杯 ポルトフィーノの実力 »