« 原油価格1バレル78.63ドル | トップページ | NYダウ続落 »

2008年10月15日 (水)

中国産食品の薬物汚染

中国産食品の薬物汚染が続いています。中国産の食品は安価ですが、食の安心・安全を考えると、農産物から加工食品までまったく信用できない状況になってしまったのではないかと言えると思います。中国政府の対応は餃子問題のときよりは良くなりましたが、いったい生産国で何が起きているのか消費者からはまったく見えない状況です。そのようなブラックボックスの生産国から輸入された食品を安心して食べらないでしょう。

加えて我が国政府の食の安心・安全への対応も信頼をまったく欠く状況になっていますから、何を信じて良いのやらという感じです。

消費者としてはなるべく安いものを求めるというのは自然な行動ではありますが、安心・安全に対するコストも考えなければならないと思います。中国産ほど安くすることは難しいと思いますが、やはり国産の食品をなるべく安く入手できるような国策と消費者の行動が必要だと思います。

コスト重視で外国のものを買ってくるということは、国内の産業がより厳しい状況になるということです。すでに、国産のものが高くなったり、生産量が落ちたりしています。国産のものが良いという流れになっても、生産が間に合わないという状況になっています。

何でもかんでも駄目という選び方も駄目ですが、なるべく国産のものを選び、国内の需給体制をしっかりと作りあげていくべきではないかと思います。世の中グローバルとは言いますが、日本も含めて各国はやはり自国の利益が優先です。日本も総合的な判断のもとに自国と国民の利益をもっと求めていくべきだと思います。事故米など買ったりして、国民に食べさせて、自分らには問題がないとか言っている場合じゃない。

人気ブログランキングへ


|

« 原油価格1バレル78.63ドル | トップページ | NYダウ続落 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42800684

この記事へのトラックバック一覧です: 中国産食品の薬物汚染:

« 原油価格1バレル78.63ドル | トップページ | NYダウ続落 »