« 柿の実に色が付きはじめました | トップページ | 月齢14の月 »

2008年10月12日 (日)

株の空売り規制を

株価が暴落しています。この暴落は金融危機が発端ですが、ここまで株価が下がると株の空売りがさらに株価を引き下げることになります。

株が暴落すると儲けが出るのが株の空売りです。空売りは、株の現物を所有せずに、株を借りてきて投げ売り、後で買い直して返すという取引方法です。

例えば1,000円の株を1,000株借ります。手数料はかかりますが。そして、その株を売ってしまいます。すると、100万円の現金が手に入ります。

しばらくして、この株が700円まで下がったとします。このときにこの株を1,000株買い戻します。その費用は70万円です。そして、この株を返却します。

すると、30万円の利益が出るということになります。

通常は株が上がるか、下がるかはわかりません。株を返す期日もあるので、期日までに株価があがってしまうと、利益は出ず、損することになります。一株1,000円の株が1,300円になってしまうと、1,000株で30万円の損が出るということです。

現在のような株価が暴落している状態では、株が下がる方向であることはわかっていますから、銘柄さえ間違えなければ空売りをすれば儲かるということになります。例えば、トヨタ自動車は10月1日の株価は4,460円、10月10日には3,220円です。1,240円も下がっていますから、1000株を空売りしていると124万円の利益が出ます。

株価が暴落すると、空売りが促進されますから、株価はさらに下がるということになります。株価の下落が止まると空売りも収まりますが、このような状況では、なるべく早い時期に空売り規制をするべきです。

株価が下がると企業の価値が下がります。株を保有している企業は資産価値が下がり、決算が悪化します。そして、じわじわと実体経済に影響が出てきます。

人気ブログランキングへ

|

« 柿の実に色が付きはじめました | トップページ | 月齢14の月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42762160

この記事へのトラックバック一覧です: 株の空売り規制を:

« 柿の実に色が付きはじめました | トップページ | 月齢14の月 »