« 時価総額10億円割れの企業が多数 | トップページ | 日経平均株価ついに1万円を割る »

2008年10月 7日 (火)

1ドル101円、1ユーロ137円、原油1バレル90ドル割れ

世界経済はかなり深刻な状況になってきています。

ドルは1ドル101円とドル安がいっそう進んでいます。そして堅調だったユーロも下落し、1ユーロ137円。

景気の落ち込みから原油価格はついに1バレル90ドルを割り込みました。

円高基調になる輸出が厳しくなります。為替損で利益が圧縮する企業が多数出ます。製造業の場合、海外からの原材料の調達は有利になりますが、多くの製造業は輸出に頼っていますので、その効果は期待できないと思います。一方、製品を輸入してそのまま販売するような商社が有利になってきます。

人気ブログランキングへ

|

« 時価総額10億円割れの企業が多数 | トップページ | 日経平均株価ついに1万円を割る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42712423

この記事へのトラックバック一覧です: 1ドル101円、1ユーロ137円、原油1バレル90ドル割れ:

« 時価総額10億円割れの企業が多数 | トップページ | 日経平均株価ついに1万円を割る »