« 世界に広がる失言 | トップページ | 日本の株式市場、特売ではじまる »

2008年9月30日 (火)

米議会下院で金融安定化法案が否決・ダウは778ドル安

ブッシュ政権が導入を進めてきた75兆円規模の不良債権買取制度を軸とした金融安定化法案が米議会下院で否決されました。

米国でも選挙を控えてねじれ国会です。下院でこの法案に反対したのは与党の共和党です。それに民主党の票が加わり、否決となりました。

これを受けて、米国ダウは大幅に下落、前週末比777.68ドル安の1万0365.45ドルとなりました。ドル安も進み、1ドル104円台前半まで落ち込んでいます。本日の日経平均株価も大幅下落すること間違いないと思います。

この制度が導入されないと、おそらく世界的な金融危機が起こるのではないでしょうか。世界恐慌に陥る可能性も否定できません。

当事者の米国でこのような状態では、諸外国からの支援も見込めないでしょう。これはかなりまずい状態です。

とにかく金融業界優先の資本主義社会に歯止めをかけないとどんどん世の中がおかしくなっていきます。

第一次産業と第二次産業が経済の基盤となり、主役となるよう社会の仕組みの転換しなければいけません。

人気ブログランキングへ

|

« 世界に広がる失言 | トップページ | 日本の株式市場、特売ではじまる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
日本の銀行が米国の金融不債企業を買収していますね?どうなんでしょうね
某銀行の買収以外はよい選択だとか・・、
いろいろマスコミが言ってます。
米国民が不良債権処理の仕方に反対をしているようですが。
税金の使われ方が不当ということでしょう。もっともだと思ったりしますが・・。
日本は不良債権処理でまずったと思います。
日本は、米国のための不良債権処理したようにも思いますが・・。

>とにかく金融業界優先の資本主義社会に
>歯止めをかけないとどんどん世の中がお
>かしくなっていきます。

>第一次産業と第二次産業が経済の基盤と
>なり、主役となるよう社会の仕組みの転
>換しなければいけません。

ってことでしょうね。

投稿: | 2008年9月30日 (火) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42639516

この記事へのトラックバック一覧です: 米議会下院で金融安定化法案が否決・ダウは778ドル安:

« 世界に広がる失言 | トップページ | 日本の株式市場、特売ではじまる »