« 波 | トップページ | 原油価格100ドル割れる »

2008年9月14日 (日)

生体認証

 ヒトの個体差のある生体情報を利用した個人認証。バイオメトリクス認証ともいう。

 指紋、静脈虹彩など個体差のある身体的特徴を利用したものと、筆跡や目の瞬きなど個体差のある行動パターン(癖)を利用したものがある。

 従来から個人認証はカードや暗証番号(パスワード)などを利用したものが主流であるが、この方法では紛失や盗難で他人に悪用されたり、忘却によって本人が利用できなくなるなどの問題がある。生体認証は個人に特有な情報を使っているため、従来の認証より安全性と利便性が高い。

 現在もっとも復旧している生体認証は指紋認証である。コンピュータや携帯電話などの電子機器で広く利用されるようになってきている。金融機関のATMでは指先の静脈パターンと手のひらの静脈パターンを利用した2つの方法がある。安全性は高くなったが、普及率が低い、2つの方法に互換性がないなどの理由から利便性に欠かる面がある。

 生体認証は利用する生体情報によっては装置が誤認するものもある。また、生体情報が複製される可能性もある。指紋などは型を取れば簡単に複製することができる。生体情報が複製されると、その生体情報が使えなくなってしまうという問題がある。そのため、複数の生体情報を使ったり、パスワード入力を併用したりすることで安全性を高めている認証システムもある。バリアフリーなどへの取り組みといった課題もある。

人気ブログランキングへ

|

« 波 | トップページ | 原油価格100ドル割れる »

To Do List」カテゴリの記事

身近なもののしくみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42464728

この記事へのトラックバック一覧です: 生体認証:

« 波 | トップページ | 原油価格100ドル割れる »