« サンフランシスコにデススター出現 | トップページ | 米議会下院で金融安定化法案が否決・ダウは778ドル安 »

2008年9月29日 (月)

世界に広がる失言

閣僚の失言というのは影響が大きい。国内だけにとどまらない。下記はニューヨークタイムズ誌の記事。成田空港関係の発言はカットされていますが、単一民族の失言に絡んでで、日本人は内向きが外国人嫌いになっています。

Japan’s Transportation Minister Quits
By THE NEW YORK TIMES
Published: September 28, 2008

TOKYO — Prime Minister Taro Aso’s fledgling government suffered an early blow on Sunday night when the transportation minister resigned for verbal gaffes that had outraged school teachers and the nation’s ethnic minorities and foreign residents.

The minister, Nariaki Nakayama, quit just five days into office, after causing an uproar for calling the powerful left-leaning teachers union “a cancer on Japanese education” and the Japanese people a “homogeneous race” that “dislikes foreigners.”

While Mr. Nakayama hastily apologized, his quick departure appeared to be an effort at damage control by Mr. Aso, who was elected prime minister last week by the governing Liberal Democratic Party ahead of tightly fought national elections that could take place as early as next month.

人気ブログランキングへ

|

« サンフランシスコにデススター出現 | トップページ | 米議会下院で金融安定化法案が否決・ダウは778ドル安 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42632386

この記事へのトラックバック一覧です: 世界に広がる失言:

« サンフランシスコにデススター出現 | トップページ | 米議会下院で金融安定化法案が否決・ダウは778ドル安 »