« 発泡スチロールとポリスチレン | トップページ | グーグルクロム(Google Chrome)を使ってみる(8) »

2008年9月 4日 (木)

100ドルに迫る原油価格

原油価格が100ドルに迫る勢いで下洛しています。3日のWTI原油価格は1バレル107.22ドルでした。また、投機の面で上昇下降を繰り返すとは思いますが、中長期的にはこのまま下洛を続けていくのではないかと思います。

原油価格の下落にあわせてガソリンや灯油の価格も下げ始めています。3日の石油情報センターの発表によると、小売価格の全国平均は1リットル176.2円。灯油の全国平均は18リットルで 2400円(1リットル133円)。まだまだ高い水準ですが、8月に入ってからは着実に下がってきています。

日付 ハイオク レギュラー 軽油 灯油(店) 灯油(配)
08/07/28 191.6 180.7 162.9 127.9 134
08/08/04 196 185.1 167.4 131.9 137.8
08/08/11 195.3 184.4 167.2 132.1 138
08/08/18 194 183.2 166.5 131.8 137.8
08/08/25 192.6 181.7 165.5 131.4 137.4
08/09/01 187.1 176.2 160.5 127.3 133.3

原油価格があまりにも上昇したため、各国での石油系燃料の消費が大きく下がっているのが原因と思います。経済不安による景気低迷からくる燃料消費量の低減が大きな原因です。

この流れを受けて石油原産国は石油の生産量を減らして、原油価格の下落を食い止める動きになっていくと思います。生産量が減れば、需給のバランスで原油価格が上がる方向にいくことになりますが、1バレル100ドルとしても未だ高い水準であり、低迷している需要が大きく回復するわけでもないので、原油価格は下がる方向にいかざるを得ないのではないかと思います。

心配なのは中東をはじめとする石油原産国の情勢です。石油生産量が大きく減産させるような問題が起きると、また価格が急騰することになります。イラクの情勢がどうなるかも大きな鍵となります。早く米国大統領が替わった方が良さそうです。

さて、米国Dowは+15.96と少しあげています。Nasdaqは-15.51。今日は米国市場は緩慢な動きです。様子見という感じではないでしょうか。

ドル円相場はそれほど動きがありません。昨日の日経平均株価はさほど上昇していないので、本日は利益確定どりという雰囲気でもなさそうです。本日も少し上昇するのかな。

とにかく経済が上向きになってくれないと、どうしようもありません。

人気ブログランキングへ

|

« 発泡スチロールとポリスチレン | トップページ | グーグルクロム(Google Chrome)を使ってみる(8) »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42374165

この記事へのトラックバック一覧です: 100ドルに迫る原油価格:

« 発泡スチロールとポリスチレン | トップページ | グーグルクロム(Google Chrome)を使ってみる(8) »