« Windows XPを継続して使う-IEの不要なアドオンを無功にする | トップページ | 原油価格 »

2008年8月18日 (月)

Windows Vista 64bit 版

Windows Vistaを見てパソコンを更新する気持ちが薄れてしまいましたが、64bit版のVistaが普及するのであれば話は別です。

現在のWindows XP、Vistaの主流となっているのは32bit版です。32bit OSは64 bit CPUには対応できませんし、登載可能なメモリも最大4ギガバイトまでです。

64bit OSは64bitのCPUの機能をフルに引き出すことができます。32bit OSではCPUに対して1回で出せる命令の情報量は32bitまでです。64bitのデータを処理する場合には2回の処理が必要となります。64bitパソコンでは1回の処理で済むので、それだけ高速となります。

64bit OSはメモリを最大128ギガバイトまで使えます。32bitでは4ギガバイトまでです。例えば、RAMディスクを使いたいと思っても、32bit版ではおのずとRAMディスクのサイズに制限がかかります。RAMディスクのサイズを増やせば、メインメモリのサイズが減りますから、それほど大きなサイズにはできません。自分は現在1.5ギガのメモリで160メガのRAMディスクを使っていますが、使っているとディスク容量が不足する場合があるので、ブラウザの一時ファイル保存用にしか使っていません。Tempフォルダやブラウザの一時ファイルの保存場所などをRAMディスクにしようとすると、512メガバイトとか1ギガバイトぐらいは欲しいところです。64bit OSでは気兼ねなくRAMを使うことができるようになります。

64bit OSの普及には、まずハードウェアのドライバが容易に入手できるか、アプリケーションが動作するかがカギになります。64 bit OSで32 bitのアプリケーションは動作するようにはなっていますが、完全に互換性があるというわけではありません。特にハードウェアに関係しているソフトウェアや、セキュリティソフトウェアは動作に問題が出るだろうと思います。

マイクロソフトはハードウェアメーカーと協力して、早期に64bit版をコンシューマ向けに出すべきだろうと思います。

人気ブログランキングへ

|

« Windows XPを継続して使う-IEの不要なアドオンを無功にする | トップページ | 原油価格 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42201035

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vista 64bit 版:

« Windows XPを継続して使う-IEの不要なアドオンを無功にする | トップページ | 原油価格 »