« FsWikiをCMSに(2) | トップページ | 人工降雨弾で雨避 北京五輪開会式 »

2008年8月 7日 (木)

冷凍餃子の情報はいつ届いていたのか

農薬混入で大きな被害が出た中国の天洋食品の冷凍餃子事件。中国政府の姿勢を見ていて、このままお蔵入りしてしまうのだろうかと思っていたのですが、中国国内でも被害が起きたことで、新たな局面を迎えています。

読売新聞(2008年8月6日 )の天洋餃子 中国で中毒…回収商品が流通という記事によれば、6月中旬に回収したはずの天洋食品の冷凍餃子が中国国内で再流通し、食中毒が発生。この事件を受けて、中国が外交ルートを通じて、7月始めに日本に事実を連絡していたということです。

回収品が再流通したという件については、中国政府の見解が「農薬は日本国内で混入した」ということですから、それほど驚きませんでした。日本国内で混入したのだから、中国国内で回収した餃子には農薬が含まれているはずがないという論理になります。

中国政府が中国国内で農薬が混入した可能性があるという考えを少しでも持っていれば、回収品が再流通することはなかったのではないかと思います。

中国政府が中国国内で農薬が混入した可能性がありという考えを持っていたのに、それを公開しなかったため再流通してしまったのだとすると、被害にあった中国の人たちはとても気の毒な目にあったと思います。国の面子のために、こんな事件が起きてしまったということなのでしょうか。

一方、日本の対応も疑問だらけです。7月始めに中国から日本に事実が伝えられたということですが、その事実関係はどうなっているのでしょう。外交ルートと言いますから、外務省に連絡が入ったのでしょうか。そして、どうして読売が報道するまで国民に知らされなかったのでしょうか。先日の米国原子力潜水艦の放射能を含んだ冷却水漏れとまったく同じだったのかなと想像してしまいます。こちらも経緯を明らかにして欲しいところです。

人気ブログランキングへ

|

« FsWikiをCMSに(2) | トップページ | 人工降雨弾で雨避 北京五輪開会式 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42090803

この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍餃子の情報はいつ届いていたのか:

« FsWikiをCMSに(2) | トップページ | 人工降雨弾で雨避 北京五輪開会式 »