« ネズミの「脳」内蔵ロボ??? | トップページ | どんぶらこ »

2008年8月23日 (土)

哺乳類の祖先を調べてみた

哺乳類という動物があらわれれたのは中生代の初め頃と考えれています。

中生代というと、今からおよそ2億4500万年前から6500万年前までの時期です。中生代は古い順番に三畳紀(2億4500万年前~2億500万年前)、ジュラ紀(2億500万年前~約1億3800万年前)、白亜紀(約1億3800万年前~約6500万年前)のみつの時代があります。

中生代は爬虫類が栄えた時代です。爬虫類は古生代の終わり頃に両生類から分岐したと考えられ、三畳紀から白亜紀にかけて、種類が増加するとともに、からだが大型化していきました。恐竜が栄えたのもこの頃です。

恐竜がまだあらわれていない中生代三畳紀の頃、哺乳類の特徴をもつ爬虫類がいました。この爬虫類を単弓類、または哺乳類型爬虫類といい、爬虫類とは区別されています。

単弓類は4本の足が体の下にのびていて滑らかな4足歩行をすることができました。現在、見られる爬虫類は、4本の足が体の横の方へのびるような形をしており、「歩く」というよりは、地面をはうような感じです。同じ4本足でもトカゲの歩き方と、ネズミやイヌなどの歩き方はまったく違います。

また、歯の構造が哺乳類に似ていたものがいました。私たちの歯には、切歯や犬歯や臼歯があり、歯によって役割が違います。爬虫類の歯は、そのようになっていません。ティラノサウルスなどの歯を見るとわかると思います。

単弓類はどんな形かというと、よく恐竜の図鑑の最初の方に、背中に大きな帆のようなものがある恐竜のような爬虫類が出ています。例えば、ディメトロドンというのを見たこがある人は多いと思います。ディメトロドンは、一見、恐竜によく似ていますが、恐竜ではなくて哺乳類型爬虫類です。背中の大きな帆は、自分の体を大きく見せたり、体温の調節に使っていたと考えられています。

単弓類には、ディメトロドンのような原始的な形の盤竜類と、現在の哺乳類によく似た獣弓類の2つに分けられます。どちらも、中生代に絶滅してしまいますが、獣弓類から枝わかれして進化していったのが私たち哺乳類の祖先と考えられています。

中生代では大型化する恐竜とは対照的に、哺乳類は小さな体をしていました。しかし、哺乳類の数は恐竜よりもかなり多かったと考えられています。恐竜が繁栄する中で、哺乳類は環境に適応しながら生き抜く力を着実に身につけていったと考えられています。

哺乳類の中には、変わった仲間がいます。ふつうの哺乳類は母親の子宮で十分に育った子どもが生まれます。

まず、単孔目というのですが、カモノハシなどです。カモノハシは、カモのような口ばしをもち、子どもを卵で産みますが、哺乳類の仲間です。子どもは母乳で育てます。

もうひとつ変わっているのが、カンガルーなどの有袋目です。子どもは未成熟のままで生まれますが、母親のおなかの育児膿という袋の中で育ちます。

こうした違いは、胎盤の発達と関係しています。もともとが、単弓類から分かれて進化したと考えれば、決して「変わった仲間」ではないことがわかります。

驚くほどの適用力で進化してきたのが、私たち哺乳類の仲間です。これはすごいことではありますが、「キセキ(=ふつうでは考えられない不思議な出来事)」の進化ではないのでしょうね。

人気ブログランキングへ

|

« ネズミの「脳」内蔵ロボ??? | トップページ | どんぶらこ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/42241652

この記事へのトラックバック一覧です: 哺乳類の祖先を調べてみた:

« ネズミの「脳」内蔵ロボ??? | トップページ | どんぶらこ »