« ステンレスが錆びにくいわけ | トップページ | イチョウのじゅうたん »

2007年12月10日 (月)

みかんやん

うちの近くには柿の木が多いのです。

今日散歩していたら、また柿の木発見! でも、ちょっと色が違うよな~と思って近づいてみたら、なんと、みかんでした。

Photo

う~ん、本当にみかんの木なのかな~

人気ブログランキングへ

|

« ステンレスが錆びにくいわけ | トップページ | イチョウのじゅうたん »

植物」カテゴリの記事

コメント

Tamさん、どうもです。

アゲハは日長なんですね。人工光源で育てると羽化する時期をコントロールできちゃうのかな。どうやって日長を判断しているのでしょうか。光源を変えるといろいろわかるのでしょうね。

投稿: toshizo | 2007年12月15日 (土) 05時01分

すみません、名前を忘れました。

投稿: Tam | 2007年12月15日 (土) 00時43分

 越冬さなぎは春になると成虫のチョウに羽化しますが、彼・彼女らは春になったのをどうやって知るか?

 モンシロチョウの場合は気温の上昇がきっかけとなります。ところが、アゲハチョウの場合は気温だけがいくら上昇してもダメ。アゲハチョウは日長を手がかりにして羽化がコントロールされているらしいです。
 この話は、「春の数えかた」という本を読んで知りました。気温か日長か、同じ身近なチョウでも春の数え方は異なる、つまり異なる論理で生きているんだなと、生物の奥深さに感心しました。

投稿: | 2007年12月15日 (土) 00時42分

Tamさん、コメントありがとうございます。

みかんにアゲハチョウというのは、この写真を調べたときに、どこかのサイトで読んだのですが、今はチョウなんているわけないなと、そこで思考が止まっていました。

次回そばを通ったときに、さなぎを探してみます。

投稿: toshizo | 2007年12月14日 (金) 00時08分

 toshizo さん、こんにちは。
 写真で見る限り、ミカンのようですね。温州みかんかな?この時期なら、もしかしたらアゲハチョウ(ナミアゲハ)のさなぎが見つかるかもしれませんね。

投稿: Tam | 2007年12月13日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/17327155

この記事へのトラックバック一覧です: みかんやん:

« ステンレスが錆びにくいわけ | トップページ | イチョウのじゅうたん »