« 小さな行進 | トップページ | 夕暮れの富士山 »

2007年12月 6日 (木)

人間の視力は不思議

自分は近視&乱視です。眼鏡をかけていても、視力が1.0あるかないかなので遠くのもはよく見えません。

ところが、ときどき自分でも「えっ、なんで見えたの?」と思うことがよくあります。日曜日の夕暮れに河原を歩いていました。ずいぶん先にお寺の境内の木々が見えていました。

その木に目を向けたとたんに「あっ!アオサギじゃないか?」と思ったのです。カメラを向けてズームで見てみると、確かにアオサギが木の枝にとまっていました。いつもサギ類を探しているのですが、こんな遠くのアオサギを肉眼(眼鏡)で見つけたというのはびっくりです。

Photo

ところで、散歩していると普段は見落としているものをたくさん見かけます。子どもの頃は身近に見えていたのに、大人になって見えなくなってしまったものなどを再発見することができます。

人気ブログランキングへ

|

« 小さな行進 | トップページ | 夕暮れの富士山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/17285725

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の視力は不思議:

« 小さな行進 | トップページ | 夕暮れの富士山 »