« 漢字が読めないときどうする | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

2007年11月18日 (日)

日の出、月の出、地球の出

「かぐや」が撮影した月の地平線から出てくる地球と、地平線に沈む地球。「地球の出」と「地球の入り」です。

地球の出は、ちょっと地球が小さくて迫力ないですが、地球の入りはそこそこ大きく映っていて、なかなか綺麗です。

Kaguya HDTV Images of Earth Rise Over the Moon

ところで、月には空気がありませんから、地球のように宇宙からやってくる光が大気で屈折するということはありません。つまり大気差がないということになります。

夜空に輝く星の光は地球の大気で屈折しています。この屈折の度合いは天頂ではゼロですが、星の高さが低くなればなるほど大きくなります。そのため高度の低い星は実際に星がある位置よりも浮き上がって見えています。この現象を大気差といいます。水平線(地平線)近くの星では角度にして約〇・六度もずれています。見かけの月の直径は角度にすると約〇・五度ですから、私たちが月が沈んでいくのを見ているとき、月の実体はすでに水平線(地平線)に沈んでいることになるのです。これは太陽も同じです(もっとも太陽のように天体が地球から遠い場合には、光が地球までに届く場合のずれもあります。太陽なら8分19秒)。

24bit

人気blogランキングへ

|

« 漢字が読めないときどうする | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

You Tube」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/17087062

この記事へのトラックバック一覧です: 日の出、月の出、地球の出:

« 漢字が読めないときどうする | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »