« 理科おたのしみ大会@秋田 | トップページ | サイン・オブ・ゴッド »

2007年11月12日 (月)

また滑走路でトラブル

中部国際空港でチャイナ・サザン・エアライン(中国南方航空)の航空機が管制塔の支持に正しく従わずに滑走路に誤って進入、その滑走路に着陸予定だった全日空機が着陸をやり直すというトラブルが発生したそうです。

管制塔は当該滑走路からの着陸を許可し、滑走路手前で待機するよう支持したようですが、中国機は待機することを復唱しながら誤進入したとのことです。

今回の事故も重大な航空機事故につながるおそれがあります。管制塔と航空機のやり取りは、人と人とのやり取りなので、ミスが発生する可能性が十分にあります。何か対策を打たないと、そのうち大事故が起きるような気がしてなりません。

人気ブログランキングへ

|

« 理科おたのしみ大会@秋田 | トップページ | サイン・オブ・ゴッド »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/17048274

この記事へのトラックバック一覧です: また滑走路でトラブル:

» 中国機、指示に違反し滑走路へ [世界のはてな いろんな事がありますね〜]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000073-jij-sociyahoo!ニュース引用11日午後1時すぎ、中部国際空港から離陸しようとしていた中国・瀋陽行き中国南方航空(CSN)698便エアバスA319型機(乗客乗員42人)が管制官の指示に違反して滑走路に入り、福岡発全日空220便エアバスA320型機(同59人)が滑走路から約8キロ手前で、着陸をやり直すトラブルがあった。けが人はなかった。11月11日23時1分配信 時...... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 05時03分

» 中国機、指示に違反し滑走路へ [京都日記~独り言~]
11日午後1時すぎ、中部国際空港から離陸しようとしていた中国・瀋陽行き中国南方航空(CSN)698便エアバスA319型機(乗客乗員42人)が管制官の指示に違反して滑走路に入り、福岡発全日空220便エアバスA320型機(同59人)が滑走路から約8キロ手前で、着陸をやり直すトラブルがあった。けが人はなかった。 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、一歩間違えば衝突の恐れがあった重大インシデントに当たるとして、調査官3人を同空港に派遣するという。最近、よく機長と管制官との間で指示に...... [続きを読む]

受信: 2007年11月13日 (火) 19時12分

« 理科おたのしみ大会@秋田 | トップページ | サイン・オブ・ゴッド »