« 川の流れが | トップページ | 日立がパソコンの生産撤退 »

2007年10月22日 (月)

また航空管制トラブル

20日夕方、関西空港で日航機が着陸予定の滑走路にエア・カナダ機が侵入しそうです。日航機は着陸まで2700メートル、高度130メートルのところで着陸のやり直しをしたそうです。エア・カナダ機は日航機が着陸してくる側の滑走路の端から進入しています。ちょっとタイミングがずれていたら着陸回避できなかったかもしれません。

      エア・カナダ機
=============▼==== ←---------日航機
滑走路

もし、日航機が間に合わなかったら着陸してすぐにエア・カナダ機にぶつかっていたことになります。追突して爆発炎上は免れなかっただろうと思います。

先日は全日空機が別の滑走路に着陸するなど、空港管制に関係するトラブルが続いています。そのうち大きな事故が起きそうで心配です。

人気ブログランキングへ

|

« 川の流れが | トップページ | 日立がパソコンの生産撤退 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/16840074

この記事へのトラックバック一覧です: また航空管制トラブル:

« 川の流れが | トップページ | 日立がパソコンの生産撤退 »