« 光をやってきた方向に反射する | トップページ | ぐるぐるきゅうり(今月の1枚の写真から) »

2007年10月 2日 (火)

金・銀の元素記号はなぜAu・Agなのか

金属の金は英語ではgold、銀はsilverですが、元素記号はそれぞれAu・Agです。

金のAuはラテン語のaurum(金)、銀のAgはラテン語のargentum (銀)に由来しています。鉄は英語ではIronですが、元素記号ではFeです。これもラテン語のferrum(鉄)に由来しています。銅は英語ではcopperですが、ラテン語ではcuprumで、元素記号はCuです。白金はラテン語のplatinum(白金)ですが、英語でもplatinumです。身近な貴金属というと、金・銀・銅・白金ですが、白金だけが英語と同じ呼び方というわけです。

水銀は英語ではmercuryですが、元素記号はHgです。これはラテン語のhydrargyrum(水銀)に由来しています。

人気blogランキングへ

|

« 光をやってきた方向に反射する | トップページ | ぐるぐるきゅうり(今月の1枚の写真から) »

化学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/16632485

この記事へのトラックバック一覧です: 金・銀の元素記号はなぜAu・Agなのか:

« 光をやってきた方向に反射する | トップページ | ぐるぐるきゅうり(今月の1枚の写真から) »