« 窒素は炎で、酸素は羊 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト放映開始 »

2007年10月 5日 (金)

年金横領問題の対応に格差

市町村で生じた年金横領問題で、年金を横領した(元)職員に対する処分に差が出てるような雰囲気です。

東京都日野市は年金を横領した職員を告発したそうですが、いくつかの市町村は「決着済み」として告発はしないという表明をしています。これに対して、舛添厚労相は「市町村長が刑事告発しないなら、社会保険庁長官を通じて告発させる」という考えを表明しています。こういう問題で処罰に差が出るというのは良くないでしょう。告発するかどうかは統一する必要があると思います。

おそらく民間でも同様なことは起きているかもしれませんが、そういう場合は、組織として対外的に迷惑をかけないようにし、組織内で決着をつけているのだろうと思います。しかし、社会的に表面化したらそうはいきません。民間で同じような事件が起き、問題が組織内でとどまらず表面化したら、横領した人間は間違いなく告発されます。その組織も信用を失います。

年金の横領は犯罪です。組織内で起きたからと言って、組織内で解決したから「決着済み」とはならない状況にまで来ていると思います。官だから許されるということはないでしょう。もう表面化してしまっているのです。

それから横領の手口もどうだったのかは調べる必要がありそうです。「年金を受け取ったことにして、きちんと事務処理を行った後に全体のお金の中から横領した」のか、「窓口で受け取ったお金を横領して、事務処理を行わず、特定個人の年金が支払われなかったことにした」のか、どちらでしょうか。前者ならまだ組織内で決着で済みそうですが、後者なら組織内で決着とはいきません。

ただ思うに今回の問題は、年金を横領した(元)職員を告発しても、本質的な問題は解決しないように思います。舛添厚労相が言っていた「市町村はもっと信用ならん」というのは、そういう事件があったのに、今まで隠してきた体質ではないでしょうか。

組織内で決着したからだまっていたというのはあるかもしれませんが、ここまで年金問題が大きく取り上げられているのに、なぜ事件が報告されなかったのかその方が重要です。ちゃんと報告があり、マスコミで報道された事件もあるようですが、どうもわかりにくい状況です。

おそらく、告発が行われ、裁判になると、そういう問題も明らかになってくるのではないかと思います。

人気blogランキングへ

|

« 窒素は炎で、酸素は羊 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト放映開始 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/16664219

この記事へのトラックバック一覧です: 年金横領問題の対応に格差:

« 窒素は炎で、酸素は羊 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト放映開始 »