« 行き詰まった社会 | トップページ | 便利なインターネットの裏舞台 »

2007年9月20日 (木)

のび太くんの引退

東京ヤクルトスワローズの古田敦也捕手兼任監督が引退を表明しました。

スワローズは昭和53年の優勝以来(広岡達郎監督)、ずっと成績が低迷していました。1990年に野村克也監督が就任すると、1990年5位、1991年3位、そして3年目の1992年には優勝と、強いスワローズと変貌しました。自分はスワローズファンなのですが、スワローズがどんどん強くなっていくのがとても嬉しかったです。1993年の優勝の際には、帝国ホテルで行われた岡田正泰会長率いる私設応援団の優勝記念パーティにも出席しました。

古田監督は1989年にスワローズにドラフト2位で入団、デビューの1990年からスワローズの正捕手としてマスクをかぶりました。最初はメガネをかけた捕手、何だかのび太くんに似てるけど大丈夫なのかなと正直思いました。実際、メガネをかけていることで大学4年のときにはドラフト指名はありませんでした。

しかし、アマチュア時代の成績はそのイメージと違います。トヨタ自動車に入り、社会人野球で活躍、全日本代表としてソウルオリンピックで銀メダルを獲得しています。その古田選手が野村監督率いるスワローズに入団、1990年の成績は第5位でしたが、これはヤクルトスワローズはそのうち優勝するのではないかという手応えがありました。

スワローズは1990年以来、1991、1993、1995、1997、2001年と5回もリーグ優勝、うち1993、1995、1997、2001年は日本シリーズを制覇しています。ヤクルトファンの自分にとって、古田監督の歴史は、スワローズ復活の歴史そのものです。

古田監督は昨日の記者会見で監督辞任・選手引退の表明しました。球団があと1年と懇願したとおり、本当はあと1年やって欲しかったです。2年で結果を出すというのはなかなか難しいと思います。現在の順位は第6位と低迷していますが、チーム打率は第2位、得点も第3位です。防御率は悪いですが、クラウジンガー投手が頑張っています。投手の成績があがってくれば順位が上位になるのは間違いありません。野村監督だって優勝するまでに3年かかっているのです。最後の1年は監督専念でやってみても良かったのではないかと思います。

しかし、監督という立場の彼が辞任を決意したのですから、それはファンとして受け止めなければなりません。

あと残り18試合、精一杯頑張って有終の美を飾ってください。長い間、どうもありがとう!

追伸)数年後にまた監督として戻ってきて欲しいです。お待ちしております。

人気blogランキングへ

|

« 行き詰まった社会 | トップページ | 便利なインターネットの裏舞台 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
野球あまり知らないですが、古田選手のファンです。
古田監督としてでも残ってほしい。
人間的にも好き。

投稿: マダム | 2007年9月21日 (金) 13時52分

古田選手は大好きです。
これほどまで他球団のファンからも好かれる選手はそういないでしょう。
数年前に新幹線で古田さんを見かけた時、
私は阪神タイガースのトレーナを着ていたにも関わらずサインをお願いしたところ、こころよくサインを頂いた上、写真撮影にまで応じてもらえました。
球界でも上に行けば行くほど自尊心が高く、
ツンとしている人も多い中、古田選手にはそのようなところはなく人間的に温かいすばらしい方だという印象を受けました。
今期は良い選手が抜けたりとチーム事情が苦しい中、よくやってこられたと思います。
あの戦力じゃどうにもなりませんので相当イライラされたでしょうね。とにかく18年間お疲れ様でした!

とても優秀な方なので政治家や解説者、他にはタレントという古田さんも見てみたい気持ちもあります。
でもやはり一番の気持ちは、またいつか監督としてグランドに立たれることを期待しています。文武両道である球界の宝ですから。

投稿: 阪神ファンですが | 2007年9月21日 (金) 07時21分

私が人生の半分を生きてきて、一番尊敬し、野球の楽しさを教わったのが古田さんでした。私が子供の頃は上下関係が厳しく、またひたすら努力することがよし、と何もかも制限されていた時代に、古田さんは夢を下さいました。

メガネをかけているという理由で大学からプロにはすぐ行けなかったと言うこと。それでも古田さんはくさることなく、熱があってもポジション確保の為大学の球場へ練習へいっていましたね。そして社会人から見事プロの世界へ。

試合をこなしながら、選手会代表で交渉の矢面に立ったり、ヤクルトが優勝した時だって、誰も近寄らない監督のそばで一生懸命指示を仰ぎ、努力していらした。あの優勝は監督1人の者ではないと思っています。
古田さんは決して故障があっても痛いとか苦しいとか表さず、悩みがあっても決して表情に出さず。今までどれほど頑張ってこられたかを思うと私のほうが悔しくて悔しくて涙が止まりません。もちろん、荒木大輔さんや津田さんや盛田さんのようにやりたくても野球ができなくなったりする方も大勢いらっしゃいますが。。。

しかも、古田さんの引退試合になんと不治の病の私は10月7日から海外へ出発しなければいけないのです。どうしても、最後の古田さんのユニフォーム姿をこの目で拝見したく、海外行きなどすっぽかしてしまおうかと思っています。
何度も死を考えた支えになってくださったのは古田さんですし。。。

それから一つ、神宮へ応援に行った時の心暖まる出来事をお話しますね。その日はVS阪神、しかも試合開始後すぐに雨。試合はヤクルトの勝利がほぼ決まり、2~3席離れた席に座っていた若者二人が、試合終了を待たず席を立ちました。 そのとき、1人がひざに置いていた軽いプラスチック製のメガネを落としたのに気付かず、帰ってしまったのです。 私はふと気がついて、慌てて階段を駆け上がって彼に渡しました。「メガネを渡せてよかった。」と安堵しながら、私は最後まで試合を見ようと喰らい付いていたのですが、そうしたら先程の若者二人が戻ってきたのです???そして「さっきは本当にありがとうございました。これ、よかったら、熱いウーロン茶を買ってきました。雨が降り続いて体が冷えたのではないかと思ったんで・・・」と恥ずかしそうにストローがさされたウーロン茶を差し出され、私は感激して、有り難く頂きました。

ヤクルトファンはみな素晴らしい人ばかりです。もう亡くなられた個人で長年応援団長をしてきた方もいまだ鮮明にあの「オジサン」のお姿が目に焼きついています。そして、礼儀正しい若いヤクルトファンにも感動しました。

古田さんが惜しげもなく、後輩に自分の技術や知識の全てを伝えた事、どんな嫌なこと、辛い事に耐えたかをヤクルトスワローズに関係した人は皆知っているはずです。本当に貴方の功績はメディアで言われているよりずっと素晴らしいものでした。清廉で、きっとこれから本格的に野球を目指す少年達の支え&目標となることでしょう。そして私がここまでこられたのも古田さんのおかげです。本当に感謝の言葉がありませんが、また、改めます。

来月7日、トンズラが叶わなかったら(笑)せめて、それまでの神宮での試合に行きます。
ベンチに近い席でかぶりつきで絶叫しているおばさんがいたら、それは私です(!?)
古田さんも思い残すことなく、どんどん試合に出場して下さいm(__)m たとえアウトでもヤクルトファンはそれを一番望んでいると思います。 くれぐれも体調に気をつけて下さいね。ではまた・・・

投稿: mizuki27 | 2007年9月21日 (金) 04時20分

 
 古田さん、貴方の涙はいつも誰かへの思いやりが混ざっている気がします。
独りよがりではなく、ファン・選手・球団とその時々に誰かに何か伝えたいもどかしさや悔しさがにじみ出ているようで、テレビを通して観る私まで胸が痛くなります。
 ヤクルトファン歴35年ですが、最高の選手だと感じます。
 これからの貴方の生き方にも注目し、応援させてもらって良いですか?
 お疲れさまでした。

投稿: 27番は永遠に* | 2007年9月21日 (金) 00時55分

小学生の男の子×2人の母です。6年生の長男がヤクルトファンで、私は
子供の時から、大の野球好き。ここ数年2人を連れて、神宮球場に通っています。
昨日、古田さんの辞任発表の中で、言葉に詰まってしまった場面を見た時、
「うっ、ヤバイ!」って・・・長男が泣いてしまいました。今、彼は受験生なのですが、
古田さんの引退試合には、「塾を休んでも絶対行く!!」と言っています。
私は、お別れの場にはとても弱くて、すぐ泣けてしまう人なので、できれば
避けたいくらいなのですが、きっと行くことになると思います。
もう一度、球場でお会いしましょう。古田兼任監督の勇姿、楽しみにしています。

投稿: たまこ | 2007年9月21日 (金) 00時36分

古田さん,本当にお疲れ様でした。

私は,家族がスワローズファンという事もあり,物心がついた時からスワローズファンでした。
高校生くらいからは友達と神宮へ通う毎日。Bクラスで低迷していても関係なく大ファンでした。
だから,古田さんが入団した時から,ず~っと応援してきたんですよ。

低迷をしていた頃のスワローズを知っているからこそ,今のスワローズを見ていてもがっかりなんてしていません。
変らずスワローズファンです
だからこそ,古田さんに来年も監督を続けていただきたかったのですが・・・・。
でも,ファンとして古田さんが決意された事なので受け止めなければいけませんよね。

本当にご苦労様でした。

これからも,古田さんをそしてスワローズを変らず応援しています。

投稿: あさ | 2007年9月20日 (木) 17時50分

大変、お疲れさまでした!

記録にも記憶にも残る日本野球界の至宝だと思います。

これからも、野球界の発展のため、ご尽力を宜しくお願いします!

ありがとうございました!

投稿: 巨人ファンより | 2007年9月20日 (木) 11時39分

阪神ファンですが、お邪魔します・・
古田さんの『野球に臨む誠実な態度』『ファンへの愛情』『ユーモアのセンス』『知的さ』は、引退されてからも変わることはないでしょうから、今後は堂々と古田敦也さんを応援したいと思っています!

今回の結論を出すまでに、本当に本当に苦しいことがあったとお察しします。
長い間、お疲れ様でした!!!

投稿: ゆう | 2007年9月20日 (木) 11時13分

本当にお疲れ様でした。
また神宮に戻ってきてください。
さみしいです。

投稿: 39才古田さん大好き | 2007年9月20日 (木) 10時02分

おつかれさま。
またユニホームを着ていただく日を信じています。

投稿: 43才2児のパパ | 2007年9月20日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/16509145

この記事へのトラックバック一覧です: のび太くんの引退:

« 行き詰まった社会 | トップページ | 便利なインターネットの裏舞台 »