« 無限遠の物体の1点から出る光は平行光 | トップページ | 学研・夏休み自由研究プロジェクト »

2007年7月 8日 (日)

回折格子

回折格子(グレーティング)が手に入りました。

凹面鏡の表面に数千本/mmの割合で溝が刻まれています。溝の部分では光が乱反射し、溝以外の部分では光が正反射します。溝の間隔が非常に小さいので、光が回折と干渉を起し、色づいて見えます。

光を分散させて分光する素子に、光の屈折を利用するプリズムがありますが、回折格子でも分光することができます。

この写真は赤・緑・青の蛍光を発する3色蛍光灯の光を分光したものです。

Photo_218

虹の部分だけをデジカメで撮影してみると、こんな感じになります。

肉眼では、赤・緑・青が見えるのですが、デジカメで撮影すると、黄色やシアンの色が映ります。

Photo_219

人気blogランキングへ

|

« 無限遠の物体の1点から出る光は平行光 | トップページ | 学研・夏休み自由研究プロジェクト »

光の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15696136

この記事へのトラックバック一覧です: 回折格子:

« 無限遠の物体の1点から出る光は平行光 | トップページ | 学研・夏休み自由研究プロジェクト »