« ギネスブックに登録されているワイングラス | トップページ | タイリクバラタナゴ »

2007年7月28日 (土)

マイクロソフトのパスワードチェッカー

最近、いろいろなオンラインのサービスに登録されている人が多いと思いますが、とても簡単なパスワードを設定している人も少なくないようです。

たとえば、数字だけで4桁のパスワードというのは、0から9の10個の数字が4つ並んでいるだけなので、10×10×10×10で1万通りしかありません。コンピュータでアクセスして自動的にログインを試みるツールもありますので、ユーザーIDがばれていると簡単に破られてしまいます。

数字とアルファベット大文字小文字の組み合わせだと、10文字+26×2文字で62通りです。パスワードの桁数がn文字とすると、パスワードの組み合わせは62通りということになります。桁数が大きくなれば組み合わせの数も大きくなります。たとえば36文字で4桁の場合は約1500万通り、6桁の場合は570億通りとなります。 -や_などの記号を入れると、もっと組み合わせが増えて、それだけ破られにくい強力なパスワードということになります。

さて、マイクロソフトがパスワードチェッカーというサイトを公開しています。このサイトにアクセスして、パスワードを入れると、そのパスワードの強度を判定してくれます。

マイクロソフト・パスワード チェッカー

これで確認してみると、アルファベット大文字・小文字と数字の場合、6桁では弱です。8桁で強です。サイトには最低でも8桁以上、14文字以上でアルファベット、数字、記号を組み合わせることを推奨しています。

人気blogランキングへ

|

« ギネスブックに登録されているワイングラス | トップページ | タイリクバラタナゴ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15927710

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトのパスワードチェッカー:

« ギネスブックに登録されているワイングラス | トップページ | タイリクバラタナゴ »