« アメンボの子づくり | トップページ | Breack Fast Dance »

2007年7月18日 (水)

眼はなにを見ているか―視覚系の情報処理

眼はなにを見ているか―視覚系の情報処理

どうしてものば見えるのか、どうして色が見えるのかなど、私たちの視覚の仕組みを、日常の体験をもとに解説した一冊です。数式も若干出てきますが、読み物として最後まで楽しく読める一冊です。

池田 光男 (著)
平凡社 (1988/08)
ISBN-10: 4582546080
ISBN-13: 978-4582546088

Image3

目次

第1章 中心重点主義の網膜

第2章 動く眼―眼球運動

第3章 どこまで読みとっているか―有効視野

 第4章 二重構造の網膜―錐体と桿体

第5章 色の性質

第6章 色の見え方

第7章 色を見る眼

人気blogランキングへ

|

« アメンボの子づくり | トップページ | Breack Fast Dance »

光の話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15791453

この記事へのトラックバック一覧です: 眼はなにを見ているか―視覚系の情報処理:

« アメンボの子づくり | トップページ | Breack Fast Dance »