« 夏休みの自由研究@folomy 理科大好き | トップページ | ガラス玉レンズの焦点距離と倍率 »

2007年7月22日 (日)

球面レンズの焦点距離

この記事は下記に移動しました。

http://optica.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-ba0d.html

人気blogランキングへ

|

« 夏休みの自由研究@folomy 理科大好き | トップページ | ガラス玉レンズの焦点距離と倍率 »

ブログ更新:光と色と」カテゴリの記事

コメント

小田さん、コメントどうもありがとうございます。

レンズメーカーの式の導出方法はちょっと説明が大変です。こちらでも紹介したいと思っているのですが、図の作成などなかなか時間が取れない状態です。

東海大学出版会から、下記の本が出ています。この本は高校物理で習うレンズの写像公式の導出や、もちろんレンズメーカーの式の導出までしっかり解説されています。価格が2625円とちょっと高めですが、お勧めの本です。
amazonのマーケットプレイスで古本が安く買えます。価格は450円でした。新しい版を購入するなら下記のサイトから入手すると良いかと思います。

光学機器入門
會田 軍太夫,横田 英嗣,山崎 正之著
ISBN978-4-486-00751-7

http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-00751-7

それから、ヘクトの光学の第1巻にも導出方法が掲載されています。日本語訳がちょっとわかりずらいです。

ネット上では下記がありました。2ページにわたって説明しています。これも、最初に紹介した本に比べるとわかりにくいです。
http://www.pinkmonkey.com/studyguides/subjects/physics/chap16/p1616401.asp

投稿: toshizo | 2008年7月10日 (木) 02時23分

ホームページ拝見しました。
レンズメーカーの式の導出方法を教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。

投稿: 小田 | 2008年7月10日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15829637

この記事へのトラックバック一覧です: 球面レンズの焦点距離:

« 夏休みの自由研究@folomy 理科大好き | トップページ | ガラス玉レンズの焦点距離と倍率 »