« 帰ってきた氷結パイン | トップページ | 影絵って芸術 »

2007年6月21日 (木)

眼の誕生

眼の誕生-カンブリア紀大進化の謎を解く

カンブリア紀(5億4300万年前~)に爆発的な進化をとげた生物の秘密を光をキーワードに解き明かしていきます。生物にとって光と色は何か?、生物がどうして/どのように光を感知する眼を獲得したのかなど、著者の学説を丁寧に解説しています。

アンドリュー・パーカー (著) 渡辺 政隆 (翻訳) 今西 康子 (翻訳)
草思社 (2006/2/23)
ISBN-10: 4794214782
ISBN-13: 978-4794214782

4794214782_01__sclzzzzzzz_

目次

第1章 進化のビッグバン

第2章 化石に生命を吹き込む

第3章 光明

第4章 夜のとばりにつつまれて

第5章 光、時間、進化

第6章 カンブリア紀に色彩はあったか

第7章 眼の謎を読み解く

第8章 殺戮本能と眼

第9章 生命史の大疑問への解答

第10章 では、なぜ眼は生まれたのか

人気blogランキングへ

|

« 帰ってきた氷結パイン | トップページ | 影絵って芸術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15499300

この記事へのトラックバック一覧です: 眼の誕生:

» 眼の誕生/アンドリュー・パーカー [zig zag road]
眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く 読書記録 久々に、読んで興奮する本に出会うことができた。 知的好奇心を満たした [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 09時05分

« 帰ってきた氷結パイン | トップページ | 影絵って芸術 »