« @nifty メールボックス5Gbytesに | トップページ | ポップコーンができる瞬間 »

2007年6月 6日 (水)

カメラ・オブスキュラ-その3

ピンホール現象を利用したのが、ピンホールカメラです。

下図にピンホールカメラの仕組み簡単に示します。

Photo_23

ピンホールで像ができるのは、物体の1点から出て直進してくる光がピンホールに入るからです。

図の(a)のように、物体のAの位置からの光は、A’の位置に、Bの位置からの光はB’の位置にやってきます。このため、スクリーンにできる像は上下左右が逆さまになります。ピンホールからスクリーンの位置を遠ざけた場合、(b)のように像が大きくなります。

また、次の図のようにピンホールが大きくなると、ピンホールの両端でAの位置から直進してやってくる光が入ることになります。したがって、Aから出た光はA’~A’’の範囲に届き、Bからの光はB’~B''の範囲に届くことになるので、その分だけ像がぼやけることになります。

Photo_24

さて、上の図は中学校の理科や高校の初等物理でよく出てくる図です。中学理科や高校の初等物理ではこの図の説明で問題ありませんし、図も間違いではありません。

しかし、ピンホールでできる像がどのようになっているのかを厳密に考えたり、カメラの仕組を考えたりするときには、この図はあまり良くありません。この図では物体の距離が有限距離になっています。物体が遠いところ(無限遠)にある場合には、物体の1点から出た光はピンホールに平行に入ることになります。有限距離と無限遠では、物体の1点から出た光がつくる像(点像)の取り扱いが変わってきます。この話は次回に説明します。

【関連記事】
カメラ・オブスキュラ-その1
カメラ・オブスキュラ-その2

人気blogランキングへ 

|

« @nifty メールボックス5Gbytesに | トップページ | ポップコーンができる瞬間 »

光の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15324552

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・オブスキュラ-その3:

« @nifty メールボックス5Gbytesに | トップページ | ポップコーンができる瞬間 »